30日の鹿児島県本土は大雨に見舞われました。日中は視界が悪くなるほど激しく雨が降りました。この時間、県本土の雨はほぼ収まっていますが引き続き土砂災害に警戒が必要です。

冠水した道路を水しぶきをあげて車が走っています。

午前6時頃の霧島市の映像です。

活発な梅雨前線が九州を南下し30日の県本土は大雨となりました。

午後の稲荷川大雨の影響で鹿児島市内の川も増水。

甲突川も茶色く濁った水が川幅一杯に流れていました。

また雨とともに風も強まり鹿屋市では看板が倒れる様子も見られました。

県本土の29日の降り始めからの総降水量は鹿屋市吉ケ別府で253・5ミリ、霧島市の牧之原で214・5ミリを記録しました。

30日はこの雨の影響で交通にも乱れが出ました。

JRでは30日の朝から運転見合わせが相次ぎ通勤、通学客を直撃しました。

現在も吉都線の全線、日豊本線、肥薩線、指宿枕崎線、鹿児島本線の一部区間で運転を見合わせています。

また、鹿屋市などで道路脇の斜面が崩れ通行止めとなる被害がでています。

さらに海の便は種子・屋久航路などで欠航、空の便も鹿児島と屋久島を結ぶ1便が欠航しました。