鹿児島市は1日夜、市内に住む40代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが分かったと発表しました。

鹿児島市によりますと、女性は鹿児島市に住む40代の女性で、6月27日にせきや痰、のどの痛みなどの症状が出て、翌日以降、38度台の熱とけん怠感、嗅覚障害などの症状が続いたということです。

このため女性は6月30日、帰国者接触者外来に相談し、1日、医療機関を受診してPCR検査を受けたところ夕方、陽性と判明したということです。

女性の詳しい行動や誰と接触したかなどはこれから鹿児島市が詳しく調査するということですが、親族も含めて10人程度について鹿児島市は近くPCR検査を行いたいとしています。

県内の新型コロナウイルスの感染者は県内では12例目、鹿児島市内では5例目となります。