気象庁は4日、北薩地方の4つの市や町に県内初となる大雨特別警報を発表しました。

4日昼前には全て大雨警報に切り替えられています。

4日午前5時前、出水市、阿久根市、伊佐市、長島町に県内初となる大雨特別警報が出されました。

停滞する梅雨前線の影響で、県内には非常に発達した雨雲が流れ込んでいて、国の雨量計では午前8時20分までの1時間に、伊佐市で116ミリの猛烈な雨を観測しました。

この雨の影響で、長島町で土砂崩れが発生するなど被害が確認されています。

薩摩・大隅地方では、5日昼にかけて、多いところで150ミリの雨が降り、雨量がさらに増えるおそれがあります。

今後の情報に注意してください。