鹿児島市内でクラスターが発生し、感染が広がっていることから、鹿児島市教育委員会は、市立の小中高校で1人でも新型コロナウイルスの感染者が確認された場合は、原則5日間、学校を閉鎖することを決めました。

これは9日、鹿児島市役所で開かれた「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」で市教育委員会が明らかにしたものです。

それによりますと、児童・生徒、学校職員に1人でも感染が確認された場合、原則として5日間は学校を閉鎖するとしました。

閉鎖当初の3日間は立ち入りを禁止し、その後、職員で消毒作業などを行っていく方針です。

そして、保健所の指導を受けながら、段階的に登校を再開させるとしています。

また、児童・生徒、学校職員の家族らが感染し、本人はPCR検査の結果陰性となった場合には、感染者の接触から2週間は自宅待機となるということです。

鹿児島市教委は7日、市内の学校にこの対応について通知していて、引き続き、保護者と情報共有しながら、検温の徹底などの学校内の感染予防対策に努めるとしています。

鹿児島市教育委員会の杉元羊一教育長は「子供たちの動き、動線は特定しにくいということもある。安心して子供、保護者が再登校できるために、しっかりと徹底した対応が必要と思って設定した」と話していました。

8日現在、鹿児島市内では中学生以下の新型コロナ感染者は確認されていないということです。