鹿児島県は飲食店などの新型コロナウイルスの対策機材の導入経費の支援の受け付けを8月にも始めると発表しました。

県の支援額は飲食店向けが10億1400万円、宿泊施設向けが9億900万円の総額19億2300万円です。

キャッシュレス機材などを導入する場合が20万円、調理室や食堂の改修費用などについては500万円を上限に補助するとしています。

導入と支払いを今年4月から10月末の間に済ませることが必要で、8月から受け付けが始まる予定です。