鹿児島市に出されていた避難勧告は、11日午後に解除されましたが、これまでの大雨で地盤が緩んでいるところがあり、土砂災害への警戒が必要です。

九州南部は大気の状態が不安定となっていて、発達した雨雲が県内の一部にかかっています。

11日午後5時半現在、霧島市と姶良市、長島町に大雨警報が、また、長島町の土砂災害警戒区域に避難準備・高齢者等避難開始が出されています。

薩摩・大隅地方では、今月2日からの総降水量が1000ミリを超える記録的な大雨となっていて、薩摩地方では少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあります。

土砂災害に警戒してください。