大阪の旅行会社が、新型コロナウイルスの影響で倒産しました。
負債総額は約351億円で、新型コロナ関連の倒産としては最大です。

民事再生法の適用を申請したのは、旅行のツアーなどを手掛ける「ホワイト・ベアーファミリー」と持株会社、「WBFホールディングス」です。

帝国データバンクによると、今年から新型コロナウイルスの影響でキャンセルが相次ぎ、資金繰りが悪化。4月には、大阪などでホテルを運営するグループ会社が倒産していました。

負債総額は、合わせて約351億円で、新型コロナ関連では、最大の倒産となります。
スポンサーには、星野リゾートが就任する見通しです。