【台風10号】15日午後に近畿“最接近”か 新幹線は「計画運休」 航空も欠航相次ぐ

大型の台風10号は、15日の午後に近畿に最も接近する見込みで、大雨や暴風などに警戒が必要です。

最大瞬間風速40mの暴風域を伴いながら、西日本に接近中の大型の台風10号。

14日午後5時45分の時点で、日本の南の海上を、時速20キロで北上していて、15日にかけて、四国から九州に上陸し、西日本を縦断する恐れがあります。

近畿地方には、15日午後に最も接近する見込みです。

交通機関にも大きな影響が出ています。

【谷元星奈 アナウンサー】
「お盆ということもあり大変混雑している新大阪駅です。台風の影響で、15日の新幹線の計画運休が発表されました」

山陽新幹線は、新大阪駅と小倉駅の間で15日は始発から終日すべての運転を見合わせます。

東海道新幹線は東京発の午前8時台から午後4時台までと、新大阪発の午前10時台から午後7時台の上下線、合わせて60本が運休します。

徳島市では、夏の祭典「阿波踊り」の14日夜と15日の開催を中止することを決め、会場の撤去作業が進められました。

こちらにも台風の影響が。

京都アニメーションは、放火事件の現場となった第一スタジオ前の献花台について、献花に訪れる人たちの安全を最優先にするとして、午後3時から一時撤去しました。

献花台は16日の午前中に再設置される予定です。

去年の台風21号で過去最高の高潮を観測した神戸港では…

【記者リポート】
「神戸港では風が次第に強くなってきました。台風の接近に備え、防潮扉が閉鎖されています」

神戸市では、今回の台風の動きが急に速まる恐れを踏まえ、早めに防潮扉を閉鎖することで、高潮被害への対策をとりました。

各地で避難情報も出ています。

14日午後5時の時点で、和歌山県古座川町の一部に避難指示が出ているほか、徳島県の美馬市と、三好市の一部に避難勧告が発令されています。

午後4時に避難準備・高齢者等避難開始が発表された、和歌山県の那智勝浦町では、自主防災組織の住民が手分けして、高齢者などを避難所に誘導しました。

【避難した女性】
「家で一人で風がビュンビュンしているのを聞いていたら、心が折れる」

近畿では15日、南部で局地的に猛烈な雨が降り、多いところでは16日昼までの総雨量が1000ミリを超える恐れがあります。

土砂災害や浸水、高波に厳重な警戒が、川の氾濫、暴風、高潮にも警戒が必要です。


関連記事

カンテレNEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索