兵庫県姫路市で新型コロナウイルスに感染した80代の男性が、死亡したことが分かりました。

男性は、集団感染が起きた病院の看護師の父親でした。

姫路市によると、市内に住む80代の男性は、3月9日に新型コロナウイルスへの感染が確認され入院していましたが、26日、死亡しました。

男性は感染が判明した当時、普段から咳がでることはあったものの無症状だったということです。

男性と同居していた娘は、患者や職員など14人の感染者が出ている仁恵病院の看護師で、娘も感染が確認されていました。

兵庫県内で新型コロナウイルスに感染し死亡した人はこれで7人となります。