【台風10号】神戸・和歌山で「早めの避難・対策」が進む

去年の台風21号で、過去最高の高潮を観測した神戸港では…。

【記者リポート】
「神戸港では風が次第に強くなってきました。台風の接近に備え、防潮扉が閉鎖されています」

神戸市では、今回の台風が急に速度を早めるおそれを踏まえ、早めに防潮堤を閉鎖することで、高潮被害への対策をとりました。

和歌山県の那智勝浦町では、「早めの避難」が始まっています。

那智勝浦町では、2011年の台風12号による大雨の被害で、28人が死亡し、1人が行方不明のままです。

那智勝浦町全域には、午後4時に高齢者等避難開始が発表されていて、自主防災組織の住民が手分けして、高齢者などを避難所になっている小学校に誘導しました。

【避難した女性】
「助かっている、助かっている。家で一人だと心が折れるわ」

近畿地方では15日、南部で局地的に猛烈な雨が降り、多いところでは16日昼までの総雨量が、1000ミリを超える恐れがあります。

土砂災害や浸水、高波に厳重な警戒が、川の増水、暴風、高潮にも警戒が必要です。


関連記事

カンテレNEWSの他の記事もみる

関西の主要なニュース

兵庫 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索