公共工事の情報を漏らした見返りに賄賂を受け取った罪に問われた大阪府枚方市の元職員の男に対し、大阪地方裁判所は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

枚方市の元職員・福留啓二被告(63)は、おととしまでの3年間に、小学校の改修工事など6件の入札で、建設会社の男に価格の情報を教えて落札させ、見返りに290万円を受け取った罪に問われています。

建設会社の男は起訴内容を認め、執行猶予付きの有罪判決が確定しましたが、福留被告は「全て間違っています」と無罪を主張していました。

判決で、大阪地裁は「福留被告の供述は到底信用できない」と指摘。

「入札の公正を害する悪質な犯行だが、判例と比べて実刑に処すべき事案とまでは言えない」などとして、懲役3年(執行猶予4年)、追徴金290万円の判決を言い渡しました。