女性の家に生ゴミや汚物を捨てるなど嫌がらせを繰り返した疑いで、56歳の女が逮捕されました。

迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、和歌山市に住む無職の女(56)です。

警察によると、女はことし1月〜6月、紀の川市に住む女性(54)の家の庭や花壇に生ゴミや汚物を捨てたり、家の周辺を見張ったりするなど、5回にわたって嫌がらせを繰り返した疑いがもたれています。

女は数年前、男女関係をめぐって女性とトラブルになっていたということです。

警察の調べに対し、女は容疑をおおむね認めていますが、「一部は覚えがありません」と話しています。

女性は去年11月から同様の被害を受けていたということで、警察は余罪を含めて捜査しています。