カジノを含む統合型リゾート=IRの大阪誘致に向けた事業者の公募が締め切られ、応募が1事業者にとどまり、事実上・パートナーが決まりました。


大阪府と大阪市と共にIR誘致を行う事業者の公募が締め切られ、応募をしたのはアメリカの「MGMリゾーツ」と「オリックス」の共同グループのみでした。

事業者の公募に先駆けたコンセプトの募集には3者が応募をしていましたが、横浜市の誘致表明などが影響して1者に留まりました。

【大阪府 吉村洋文知事】
「最初から一貫して大阪オンリー・大阪ファーストを貫いて、他の事業者の追随を許さなかった」

MGMはラスベガスでIRを運営している実績があり、今後、府市に事業提案を行い承認されれば大阪のパートナーとして決まることになり、MGMリゾーツは「提案作成に全力で取り組む」とコメントしています。