新型コロナウイルスの影響で収入が不安定になる中、大阪市議会では4月から小中学校の給食費を無償化する条例案が可決されました。

大阪市議会で全会一致で可決されたのは子供1人当たり年間約5万円がかかる小・中学校の給食費を4月から無償化する条例の改正案です。

松井市長は毎年60億円を使い、来年4月から給食費を無償化する意向を示していましたが、これを1年間前倒して行うということです。

1年間は全世帯を対象に無償化し、それ以降は所得制限を設けるかどうかなど検討するということです。

【大阪市 松井一郎市長】
「給食費の心配はもうなく、安心してもらいたい」

給食費の無償化は政令市としては初めてです。