新型コロナウイルスに感染しているかどうか、確定させるためには、PCR検査を行う必要があります。
その検査がどのように行われるのか、取材しました。

【坂元龍斗キャスター】
「尼崎市内にあります、尼崎市立衛生研究所。ここでも陽性・陰性を判別する検査ができるようになったそうです」

感染が疑われる人から取られた検体は、どのように運ばれてくれるのでしょうか。

【尼崎市立衛生研究所 村山隆太郎さん】
「保健所からこういうジュラルミンケースに入った状態で運ばれます」

運ばれてきた検体は4重包装で管理されています。

【尼崎市立衛生研究所 村山隆太郎さん】
「これが検体なんですけども、中に綿棒が入ってます。この綿棒は病院の医者が喉を拭って、液を採りまして、それをウイルス輸送培地に入れて検体として保管されます」

【坂元龍斗キャスター】
「クルーズ船と同じ手続きでしょうか」

【尼崎市立衛生研究所 村山隆太郎さん】
「同じ様なものだと思います」

喉の粘膜や痰などの検体は処理室に運ばれます。

【尼崎市立衛生研究所 村山隆太郎さん】
「これは安全キャビネット、ここから風が出て吸ったり出たりしているんです。検体が外に出てこないようになってます。吸った空気もフィルターを通してきれいになってから外に出てきます。ここで作業されている人が感染しないようにウイルスが来ないようになっています」

まずは、手作業で検査をするために必要な遺伝子情報の一部を抽出します。その際、検体の感染力は失われます。

【尼崎市立衛生研究所 村山隆太郎さん】
「先ほど入れた試薬と混ぜ合わせます」

混ぜ合わせた検体と試薬を特殊な装置に入れウィルスの反応をみます。

【坂元龍斗キャスター】
「検体が持ち込まれて、結果が出るまでどれくらい時間が?」

【尼崎市立衛生研究所 村山隆太郎さん】
「6時間かかります。ウイルスの遺伝子情報が増えたら陽性です。増えなかったらまったく何もでないので陰性です」

【坂元龍斗キャスター】
「この施設の中で検査できる人数は、1日どれくらいですか」

【尼崎市立衛生研究所 宮永恵三所長】
「他の検査がなくて、それ専用に今の機械を使った場合としまして24検体。1人から様々な種類の検体が例えば3つとれたとしたら、1人で3検体を埋めてしまいます。機械が限られてますのでそんな数になってます」