松下奈緒が主演、木村佳乃が共演を務め、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にするメディカル・ヒューマンドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の第2話(1月16日放送)に、このたび寺脇康文が出演することが決定した。

『アライブ がん専門医のカルテ』の主人公は横浜みなと総合病院に勤める腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)。腫瘍内科医とは、日本ではまだ比較的数の少ない“がん診療のスペシャリスト”で、すべての部位のがんを取り扱い、患者にとってベストながんの治療法を模索し、化学療法を中心とした診療により、がんと向き合っていく。腫瘍内科の英訳がメディカル・オンコロジーであることから、本人の名前「おんだ・こころ」とかけて院内では「オンコロ先生」と呼ばれている心は、誰に対しても等身大で接する、柔らかで心優しい女性。“治るか治らないかではなく、患者の人生に寄り添うこと”を矜持(きょうじ)に、誰よりも真摯(しんし)にがん患者に向き合い、がんによって傷ついた患者の心までも救おうとする。家庭では学生時代に知り合った男性・匠と結婚し、一人息子をもうけ、順風満帆な毎日を送っていた心だが、3カ月前に匠が転倒事故に遭い、緊急手術を受けるも意識が戻らないままでいる。職場では気丈に振る舞っているが、自身はいまだに現実を受け止め切れていない。 そんな時、関東医科大学付属病院から横浜みなと総合病院に移籍してきた有能な消化器外科医・梶山薫(木村佳乃)と出会う。腫瘍内科の必要性を理解してくれる外科医として、そして、太陽のように明るい性格で心の支えになってくれる同僚として、この年齢になってできた大切な友人となった彼女との出会いは、心にとって、公私ともに突然差し始めた一筋の光のように感じさせるものだった。しかし、薫には、心には明かせない、ある秘密があり―。

『アライブ がん専門医のカルテ』は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う、医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の心と外科医の薫という2人の医師を中心に、腫瘍内科の研修医である結城涼(清原翔)、同じく研修医の夏樹奈海(岡崎紗絵)、腫瘍内科医の光野守男(藤井隆)、腫瘍内科部長の阿久津晃(木下ほうか)ら、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描く、この冬最も温かいメディカル・ヒューマンドラマとなる。

そんな『アライブ がん専門医のカルテ』の第2話に出演する寺脇が演じるのは乳がん患者・日ノ原徹。乳がん全体のうち、男性が発症するのは1%未満で、寺脇は非常に珍しく、難しい役どころに挑むことに。 日ノ原は妻と娘の3人家族で暮らしていたが、数年前に離婚し、今は独り身。横浜みなと総合病院の乳腺科で乳がんと診断され、心たち腫瘍内科の診察を受けに来る。日ノ原は、自分は男性なのに乳がんになるなんて信じられないと、ひどく困惑をする。そんな日ノ原に、診察を担当することになった光野は、遺伝の可能性を示唆。すると日ノ原は、元妻のもとにいる一人娘にも遺伝するのか、と光野に聞き・・・。 どうしてがんは自分を選んだのか―1%未満のケースという日ノ原が、心や周りのがん患者との触れ合いを通して、少しずつ少しずつ前へ踏み出そうとする姿を、名優・寺脇が繊細に紡ぎ上げていく。

年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。 誰もがなり得る、誰しもが最も身近に感じる病だからこそドラマとして扱う意義があり、そして、がんという極限の状況だからこそ、人が生きる意味を、どんなドラマよりも力強く描く『アライブ がん専門医のカルテ』。どうぞ、心からご期待いただきたい!

コメント

◆寺脇康文

Q:『アライブ』ご出演の話を聞かれた際の感想をお願いします。

「決して楽しいドラマではないけれども、病気というのは誰しもが多かれ少なかれ関わるものだし、そうなるのも、また治すのも、どちらも人間ですよね。そんな人間ドラマに正面から立ち向かうこのドラマに携わりたいと思いました」

Q:難しい役どころとなる日ノ原を演じて、いかがでしょうか?

「男性が乳がんになるというのは、この脚本を読むまで私も知らなかったですから、それを知ってもらいたいということも含め、もし自分がそうなったらという想定で、決して他人事ではないということを皆さんに考えてもらえればいいなと思って演じました」

Q:視聴者へメッセージをお願いします。

「今や2人に1人という確率でかかるがん。自分がそうなったら、そして、近くにいる大切な人がそうなったらどう接するか。一緒に考えてもらえたらいいと思います」

「腫瘍内科とは?」

欧米では1960年代に発祥し、がん治療を専門とし専門医の立場でさまざまながん患者の治療を主導していくために生まれた科。彼らが中心となって外科医・放射線科医・緩和ケア医などを束ね、がん患者をさまざまなゴールに導いていく。正しくベストな治療法を提唱することで患者の不安を取り除き、患者に寄り添う医師と言われている。日本では、2000年代に入り誕生した診療科で、徐々に設置が進んでいるが、現時点での日本における腫瘍内科医の数は1300人程度と、欧米のおよそ13分の1にとどまっている。一説によると、現状の日本における患者数と比べると、およそ5000人程度の腫瘍内科医が必要とされるとも言われており、いま最も求められると言っても過言ではない医師の種類の一つとも考えられている。腫瘍内科医が向き合うのは、すべてがん患者。専門医だからこその本当の病原を見抜く知識と患者のQOL(Quality of Life=人生の質)を一番に考え、がんを切る以外の選択肢も提示できる豊富な経験則を持つ。がんにはできる場所の臓器の違いや進行度合いを示すステージの違いだけでなく、そもそも人により、あらゆる種類の形のがんが存在する。それらのがんの種類をきちんと把握し、特性を理解し、いろいろな症例からベストな治療法を見いだしていく腫瘍内科医。彼らは患者ががんを克服する事を最終目標としながらも“がんと共に生きること”を 提唱し、数々のがん患者に向き合い、さまざまな形でがん患者を救っていく。

【番組概要】

木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』

<放送日時>

2020年1月9日スタート 毎週(木)午後10時〜10時54分 初回15分拡大

<出演>

松下奈緒、木村佳乃

清原 翔、岡崎紗絵、小川紗良 ・ 中村俊介 / 三浦翔平 ・ 田辺誠一

藤井隆、木下ほうか、高畑淳子 ・ 北大路欣也

第1話:石野真子、田口トモロヲ、石田 明(NON STYLE)

第2話:寺脇康文

<スタッフ>

脚本:倉光泰子

音楽:眞鍋昭大

主題歌:「はるどなり」須田景凪(unBORDE / Warner Music Japan)

プロデュース:太田 大、有賀 聡

演出:髙野 舞、石井祐介、水田成英

制作協力:ケイファクトリー

制作著作:フジテレビ

<オフィシャルサイト>

https://www.fujitv.co.jp/alive/

<公式Twitter>

https://twitter.com/Alive_cx

<公式Instagram>

https://www.instagram.com/Alive_cx/