受験シーズンが本格化するのを控え、学問の神様・菅原道真を祭る熊本市中央区上通町の手取天満宮には、合格祈願の絵馬がずらりと並んでいる。

 絵馬は年明けから増え始め、既に600枚ほどが掛けられている。この日も受験生や保護者が次々と訪れ、志望の高校や大学の合格を祈願していた。

 友人たちと参拝に来た通信制高校生、東本知磨[かずま]さん(18)=同市東区=は、志望校と「絶対合格」の文字を絵馬に記し、「まずは18日からのセンター試験を頑張りたい」と話していた。(池田祐介)