熊本県が8市町村に9体整備している人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」のキャラクター像について、県は13日の県議会一般質問で、「作中で新たな仲間が加わり次第、速やかに出版社と協議し、追加できるよう取り組む」と述べ、10体目の設置に意欲を示した。

 キャラクター像は熊本市の県庁に2018年11月に設置された主人公のルフィ像以外に、漫画の作中に登場する海賊船乗組員8体を19年度と20年度に4体ずつ設置することが決まっている。

 ワンピースは熊本市出身の尾田栄一郎さんの作品。作中では9人目の仲間は登場していないが、ファンの間では「ジンベエ」というキャラクターが次の仲間になるのではないかとうわさされている。

 一般質問で登壇した自民党の西山宗孝氏(宇土市区)は「キャラクターの配置が県北に偏っている。県南にも追加を」と地元の待望論を訴えた。(馬場正広)