緩和ケアは、がん治療のことと思われがちですが、「重い病を抱える患者やその家族の、身体や心のつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるよう支える」(日本緩和医療学会による)こと。実はがんに限ったものではありません。

 診断から薬の副作用、再発への不安。また仕事への復帰や生活設計、家族への負い目…。病気になると、さまざまな苦痛やつらさが現れます。その緩和ケアの現場で向き合う「つらさ」には大きく四つの種類があることを、ご存じでしょうか?

 一つ目は、痛みや息苦しさ、吐き気、不眠などの「身体的苦痛」。二つ目は、「気分がすぐれない」「将来への不安」「何もやる気が起きない」といった「精神的苦痛」。三つ目が「治療費のめどが立たない」「子どもにどう説明すれば」といった「社会的苦痛」。四つ目が「なぜこんな目に合うの」「生きる意味がわからない」など、自分という尊厳にかかわる「スピリチュアルペイン」です。

 「身体的苦痛」が解決されるだけで、ほかの苦痛が自力で解決できる場合もあるでしょう。痛みはなくても「これから仕事や家族をどうすれば…」という「社会的苦痛」で涙を流すこともあります。その時期も、人それぞれです。

 ただ、どうにもならないように思えるつらさも、いろんな視点から考えると、解決できそうないくつかの課題に変わることがあります。主治医から「緩和ケアチームを紹介しますよ」「がんの相談窓口に行ってみませんか」と助言されたら、担当医師以外の助言やサポートが受けられるよいタイミング。「家族の事情を相談するなんて」と思わず、「相談窓口」の扉をたたき、気になることをどんどん聞いてもらって、よいのです。

 つらさを一気に取り除く特効薬やスーパー医療者がいないのも現実。ただ医師や看護師、ソーシャルワーカーなどからなる緩和ケアチームは、患者さんや家族と話し合い、さまざまな視点から「つらさ」「苦痛」を軽くするために、力を合わせています。(合志第一病院医師・今村理恵さん)