熊本県は27日、横浜市で新型コロナウイルスのPCR検査を受けた同市の飲食店店員の10代男性が、飛行機で阿蘇保健所管内(阿蘇郡市)の実家に帰省し、その後、陽性が判明したと発表した。男性は、結果判明まで自宅で待機するよう求められていたという。27日現在、症状はないが、県内の感染症指定医療機関に入院した。

 県によると、男性は22日に発熱やのどの痛みがあり、25日に横浜市内の帰国者・接触者外来で検査を受け、26日に羽田空港から熊本空港へ帰省した。友人の車で実家に戻ったが、母親は納屋に待機させ、県の相談窓口に「検査を受けた息子が帰ってきた」と電話。その後、同市から「陽性」の連絡が入った。

 同市から県には27日午前、報告があった。県は濃厚接触者がいないかを調査中。同市によると、男性は「飛行機内ではマスクを着けていた」と説明しているという。熊本空港へ男性を迎えに来た友人は検査の結果、陰性だった。

 蒲島郁夫知事は同日の記者会見で、感染リスクレベルは「レベル2(警戒)」を維持しつつ、県内では感染が広がっていないことを理由に「県有施設の閉館などの対応策は取らない」と述べた。

 男性は横浜市の感染者として数えるため、県内の感染者数は48人のまま。(高宗亮輔)