熊本市交通局は7月1日から、市電車内の混雑状況を交通局ホームページで公表する。毎月1回更新。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、利用者に時差出勤や混雑回避の参考にしてもらうのが狙い。

 混雑状況は平日ダイヤのみ表示する。電停間の平均乗車率を基に▽とても混雑(乗車率100%以上)▽混雑(75〜100%)▽やや混雑(50〜75%)▽空いている(50%以下)−の4段階で知らせる。

 対象の時間帯は午前6時〜同10時と午後3時〜同9時。特に混雑が予想される午前6時〜同9時は30分刻み、それ以外は1時間刻みで表示する。混み具合が一目でわかるよう、赤、黄、水色、白で色分けした。第1木曜に情報を更新する。

 市交通局運行管理課は「混雑する時間帯の乗車を避けるなど、車内が密にならないよう協力してほしい」としている。(久保田尚之)