熊日連載のレシピ集「元気ごはん」が本に

熊日連載のレシピ集「元気ごはん」が本に



 熊日夕刊で昨年1年間、連載した料理レシピ「元気ごはん」が本になり、20日、出版記念講演会が熊本市中央区の鶴屋百貨店カーネーションホールであった。日赤熊本健康管理センター主催で、約100人が参加した。

 「元気ごはん」は、同センターの管理栄養士が毎週7品ずつ、健康に配慮したレシピを紹介した。

 講演会では小山和作・同センター名誉所長が「食と健康」と題して、「食べ物で病気を治し、予防することができる。食べる喜びを感じれば心の栄養にもなる」と話した。同センター診療部の窪田健一医師は骨粗しょう症について解説。「食事や運動に注意することが大切。メタボだけでなく、痩せすぎも問題だ」と指摘した。

 本のレシピで作った弁当の試食もあり、「菜の花のアーモンドあえ」「熊本の赤いサラダ」など、参加者は旬の素材を使った色とりどりの料理を楽しんだ。

 本は熊日出版刊、A4判、95ページ、1296円。今月末から書店に並ぶ。(森本修代)

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

熊本日日新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

08時01分更新

熊本のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索