向かい風なんのその 和水町でペーロン大会

向かい風なんのその 和水町でペーロン大会


 和水町の菊池川白石堰[ぜき]上流で5日、川舟ペーロン大会があり、小学生から社会人までの30チーム約400人が白熱したレースを繰り広げた。

 町や町内小中学校でつくる実行委などが川に親しむ機会を増やそうと毎年開催し、15回目。小学生や女性など5部門に分かれ、1チーム10〜12人で往復250メートルのタイムを競った。

 やや強い風が吹く中、出場艇はテンポ良くオールを動かして前進。中には、九州に近づいている台風5号のように“迷走”しながら進む舟もあった。

 菊水中2年の有働和馬さんは「チームワークは良かったけど、真っすぐ進むのは難しい。向かい風もきつかった」と苦笑いしていた。(前田晃志)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

熊本日日新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

熊本のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索