大矢野バイパス着々 「新1号橋」姿現す

大矢野バイパス着々 「新1号橋」姿現す






 新天草1号橋「新天門橋」(仮称)で、宇城市と上天草市をつなぐ熊本天草幹線道路の「大矢野バイパス」が、来年の開通に向けて工事が進んでいる。全体ルートが見通せるようになった工事現場を訪ねた。

 バイパスは、熊本市と天草市を90分で結ぶ地域高規格道路の一部。宇城市三角町の五橋入り口交差点付近から上天草市大矢野町の岩谷トンネル付近までの自動車専用道路(2車線)3・7キロで、463メートルの新1号橋や333メートルの登立トンネルなどを含む。

 2006年度に着工し、道路の大部分は路盤と舗装の工事を残すのみとなっており、三角側の入り口の造成工事が急ピッチで進んでいる。

 新1号橋は、鉄製の中央部分の橋桁と両端のコンクリート造りの部分をつなぐ部材の取り付けを控えている。それが11月中に完了すると橋桁が全てつながり、現在4カ所にそびえる工事用鉄塔は年明けに撤去の見通し。

 高さ88メートルの鉄塔の先端から大矢野島方面を見下ろすと、海岸に沿って屈曲した現在の国道266号と、緩やかなカーブを描くバイパスが対照的に並ぶ。県天草広域本部土木部は「熊本地震の復旧工事による作業員や重機の確保には苦労しているが、開通に向け鋭意工事を進めている」という。(大倉尚隆)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

熊本日日新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

熊本のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索