元職、新人ら4人が立候補 県議熊本市2区補選

 現職の辞職や死去に伴う県議会議員の熊本市2区補欠選挙(被選挙数2)が13日告示され、正午までに元職1、新人3の計4人が立候補を届け出た。立候補は午後5時まで西区役所で受け付ける。

 立候補を届け出たのは、無所属新人の上門志穂氏(39)、共産新人の益田牧子氏(68)、自民新人の竹崎和虎氏(44)、自民元職の井手順雄氏(59)=届け出順。

 投票は22日午前7時から午後8時まで西区と南区の計56カ所であり、即日開票される。当選者は23日午前0時ごろに判明する見通し。期日前投票は14日から始まる。

 県選挙管理委員会によると、12日現在の有権者数は18万3154人(男8万5058人、女9万8096人)。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

熊本日日新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

熊本 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索