晩御飯の予算は?一日ひとり当たりの食費と工夫していることを聞いてみました!

晩御飯を作る際に、ひとり当たりの食費は決めていますか?今回は、家族構成が2〜7人の家庭の一般女性100人に、晩御飯のひとり当たりの食費の予算と、どんな工夫をしているか聞いてみました!

半数以上が500円以内に抑えている!

アンケートの結果、どの家族構成でも半数以上の家庭が、ひとり当たりの食費を500円以内に抑えていることが判明!800円以内に抑えていると回答した家庭を入れると、全体の8割を占めるという結果に。

そこで回答のなかにあった節約のコツを8つご紹介!すべて当てはまったら、あなたも節約上手かも♪

チェック①まとめ買いで節約している

「夫、0歳児の赤ちゃんの3人家族で、ほとんど自炊です。毎週近所の安いスーパーに行って1週間分の食材を買いだめしています」(正社員/26歳)

「夫婦、子供1人で週1回まとめて1週間分の夕食の材料を買うので500円以内に抑えられていると思います。よく使う食材は卵と冷凍うどんです」(専業主婦/32歳)

「家族全員で4人です。だいたいの1週間の献立を考えてから毎週スーパーの特売日に買いだめをしています」(専業主婦/35歳)

「週末に食材をまとめ買いして、週末にある程度は作り置きしています。夫婦2人なので簡単に済ませています」(正社員/43歳)

「平日は毎日自炊。1ヶ月分の食費を決めて、買い物は週に1回。予算から出ないよう、旬の食材やお買い得品を購入するように工夫している」(専業主婦/31歳)

あらかじめ予算を決めてまとめ買いするのは節約の王道ですよね。

一方で、「4人家族(大人2人子供2人)です。節約にはまとめ買いをする人が多いと思いますが、私は敢えて毎日買い物に行き、その日必要なものだけを買う方が無駄買いをしなくてすんで節約になります」という意見も。

毎日行ける範囲にスーパーなどがあるなら、1日分の必要なものを買った方が無駄がないという場合もあるかもしれませんね。

チェック②タイムセールなど割引を活用している

「子供が2人の4人家族です。ほとんど外食はせず、節約の工夫は買い物に行った時に決められた予算内に抑えることです。スーパーで割り引いて販売されている食材をよく活用しています」(専業主婦/40歳)

「夫と2人暮しです。安い八百屋さんで、その日安い商品だけを買うようにしています」(派遣社員/29歳)

「夫婦で2人です。自炊が多いです、うどんや、豆腐、肉、野菜を比較的多くつかいます。節約のため、タイムセールで購入しています」(個人事業主・フリーランス/42歳)

特売品や、タイムセールなどに立ち会えるならば、活用しない手はありませんよね。安い商品も日によって変わるので、セール品に合わせて献立を考えるのも良いですよね。

チェック③かさ増しを常に意識している

「私、主人、小学校の子供が1人、園児(年長)が1人です。晩御飯はだいたい自炊です。安い野菜やきのこ、しらたきやこんにゃくなどでかさ増しをして食費を抑えています」(パート・アルバイト/38歳)

「夫との2人暮らしです。夫はよく食べ、肉類が好きなのですが、肉を買うと高くなるのでもやしや玉ねぎなど必ず野菜を取り入れて、一緒に炒めるなどしてかさ増しします」(パート・アルバイト/28歳)

「きのこや野菜類、豆腐を使います。かさ増しになっておすすめです」(パート・アルバイト/30歳)

「お肉は片栗粉や小麦粉をまぶしてボリュームアップ」(専業主婦/32歳)

かさ増しをしているママも多いようです。たくさん食べる家族がいる場合も、量はそこまで買わずに満足感を得られます。「ザ・主婦の知恵」と言える節約方法ですね。

チェック④“もやし”は、食材に欠かさない!

「もやしはよく使います。安いし栄養価も高くどんな料理にも合うからです」(正社員/35歳)

「もやしが安いので、野菜が高い時によく買う。野菜は一つの種類を買ったら、食べきるまで次の野菜を買わない」(パート・アルバイト/40歳)

「私と夫、1歳と4歳の子どもです。自炊が多く、値段変動のしにくいもやしや豆腐をよく買います。旬の野菜を中心に買いますが、値段が高騰すると買い控えします」(専業主婦/29歳)

お財布がピンチな時の救世主、もやしはやっぱりママたちにも人気です。野菜の値段か高騰することが多い最近は特に、食卓の中に野菜を加えたい時に活用することが多いようですね。

チェック⑤“鶏むね”肉も、食材に欠かさない!

「家族構成は夫婦と小学1年生の子供1人で、ほぼ自炊です。鶏肉が好きなので鶏むね肉や鶏もも肉をよく使います」(専業主婦/29歳)

「よく使う食材はひき肉(牛豚鶏とわず)、鶏むね肉、豆腐などです。鶏むね肉は比較的安く、色々な料理に使えて便利なので、よく買います」(専業主婦/33歳)

「よく使う食材は豆腐と鶏むね肉です。安くてボリュームがあり、それ自体は味が淡白で、調理のバリエーションがきくためです。特に節約はしていません」(個人事業主・フリーランス/47歳)

食べ盛りの子どもがいる場合は、なるべくお肉は欠かさないようにしたいもの。中でも節約中のママに人気なのは鶏むね肉で、その安さと調理のバリエーションの多さから支持されています。

チェック⑥ひとつの食材を余すことなく使っている

「安いものを買って、その中から料理を考えます。食べられるけど、あまり美味しくない部分(椎茸のいしづちなど)は冷凍保存し、料理のだしとして使います」(正社員/54歳)

「旦那さんと私の2人分をつくります。旦那さんが少食なので、300円くらいで済みます。よく使う食材は季節の旬のもの。ひとつの食材で数種類の献立を考えられるものを買い、ひとつの食材を余すことなく使い、節約しています」(専業主婦/36歳)

野菜は美味しくないところこそ栄養価が高いとも言われていますし、捨てる部分を無くして活用するのは究極の節約と言えるかもしれません。できることなら真似したい工夫ですね。

チェック⑦野菜は、家庭菜園や直売所を利用している

「夫婦と小学生の子供2人の4人家族です。晩御飯はだいたい1人400円までと考えて献立を立てています。子供が成長し、たくさん食べるようになってきたので、野菜は家庭菜園で自分で作ったり、直売所で安く買うなどの工夫をしています」(パート・アルバイト/38歳)

「晩御飯での外食はほとんどありません。キンピラや漬物、佃煮などの常備菜を切らさないようにしているので、食卓にはオカズが沢山並びます。節約としては、家庭菜園で野菜を作っているので、今の季節ですとトマトやキュウリ、ナスは買う必要がありません」(専業主婦/34歳)

「夫婦と幼稚園児1人。お肉は豚肉か鶏肉メイン。野菜は直売所でまとめ買い」(専業主婦/38歳)

家庭菜園なら、節約できるのはもちろん、育てる楽しみや無農薬という付加価値も付いてきます。直売所もスーパーなどで買うより安い場合が多く、節約に役立ちます。

チェック⑧食材の冷凍保存は、当たり前

「基本的には産地にこだわりなく使っており、買ったらすぐに下味をつけて冷凍をしています。冷凍することで調理が早くなり、材料が傷むことも防げるので傷んで廃棄するということがなくなります」(個人事業主・フリーランス/32歳)

「夫と2人です。野菜や肉も安いときに多めに購入し、小分けして冷凍して使って節約しています」(パート・アルバイト/36歳)

「ほぼ毎日自炊で節約している。お肉や魚の安い時に購入し、小分けにして冷凍。野菜は冷凍カット野菜をよく使っています」(専業主婦/37歳)

腐りやすい食材や傷みやすい食材は冷凍するのが賢い判断。あらかじめ下味をつけたり調理して冷凍すれば、食べたい時にさっと用意できるのでとっても便利です。

いかがでしたか?すべて当てはまった方は、節約上手さんに認定! 主婦の皆さんいたるところに節約の知恵が光っていますね。必要なのはちょっとした心がけなのかもしれません。

※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より

 


関連記事

暮らしニスタの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索