こんにちは!暮らしニスタ「家事コツ研究室」研究員Oです。

新型コロナウイルスの影響で、小中学校休校による給食の中止、また飲食店の休業などによって牛乳や乳製品の需要がかなり減っていることを受け、農林水産省がこれらの消費を促す「プラスワンプロジェクト」をいう活動を4月21日からスタートしたのをご存じですか?

特に牛乳は、牛がつくる生乳が6月に生産のピークを迎えるので、このままだと大量廃棄をしないといけなくなってしまうとのことで、「いつもより多めに購入してほしい」とのこと。

そんな中、JA全農(全国農業協同組合連合会)がツイッターに投稿した「ラッシーの作り方」が大きな話題になっています。
牛乳を「単独でだけ味わっている場合ではない」という切実なメッセージが心に響きます。

そこで、牛乳&乳製品の消費に貢献するためにも、今回はこのラッシー作りに挑戦してみたいと思います!

超簡単!ラッシーの材料はたったの3つ

それでは早速作ってみましょう。

【材料】
プレーンヨーグルト…200g
牛乳…200ml
砂糖…大さじ2

ラッシーってお店じゃないと飲めないと思っていたんですが、実はこんなにシンプルな材料で作れるってことを初めて知りました!

【作り方】

1.ボウルに材料を入れる

まずボウルにプレーンヨーグルトを入れます。結構たっぷりの量ですね。

続いて牛乳を入れます。

さらに砂糖を入れます。材料がすべて白いですね。
これですべての材料をボウルに入れました。

2.よく混ぜれば完成

あとはボウルに入った材料がしっかり混ざり合うように、泡だて器などで混ぜれば完成です。ヨーグルトはダマにならないように気を付けて!

あっという間に完成♪素朴な味わいがおいしい

3つの材料を混ぜただけのラッシーが出来上がりました!
材料もシンプルですが、調理時間も約2分と、思い立ったらすぐに作れるレシピでした。

肝心のお味はというと、甘さ控えめ&さっぱりした味でとっても美味しい☆
もしかしたら牛乳が苦手なお子さんでもこれならグビグビ飲めちゃうかもしれません。

ちなみに、我が家のラッシー好きな息子は作っているときから横にきて、出来上がった瞬間に一気に飲み干し、おかわり!とせがんできました(笑)。
でもこれなら、子どもも自分で作れてしまうほどの簡単さですね♪

SNS上では、塩やレモン果汁を少し加えたり、バナナやキウイなどをまぜたフルーツラッシーにしたりと、いろいろなアレンジをして楽しんでいる人も多いみたいですよ。
これからの暑い季節には、冷やして飲むとまた格別だと思います!

ラッシーでおいしく社会貢献!

突然現れたウイルスによって、様々なところで甚大な影響が出始めています。
でも、こうやっておいしく楽しみながら少しでも生産者の人たちを助けることができるのなら、どんどん進んで取り入れたいですよね。

スーパーに行ったら、牛乳をもう1本、乳製品をもう1個、買い物かごに追加しませんか?

取材・文/JUNKO