150台限定の「ロードスター」「ロードスター30周年記念車」が4月5日から予約開始

150台限定の「ロードスター」「ロードスター30周年記念車」が4月5日から予約開始

全世界で人気の高いオープンスポーツカー、マツダ「ロードスター」は2019年で誕生から30年となります。これを記念して、マツダは「ロードスター30周年記念車」のソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップのモデルをそれぞれ発売します。一体どのようなクルマなのでしょうか?

マツダ「ロードスター」は誕生から30周年!

 マツダは、2019年2月のシカゴオートショーで公開した「Mazda MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」の国内仕様となる特別仕様車「ロードスター30周年記念車」の商談予約受付を、4月5日より専用ウェブページにて開始します。

「ロードスター30周年記念車」は世界3千台の限定となっており、国内販売台数は、ソフトトップモデルの「ロードスター」とリトラクタブルハードトップモデルの「ロードスターRF」を合わせて150台が予定されています。


「ロードスター」の30周年記念モデル「ロードスター30周年記念車」

 1989年に誕生した「ロードスター」のこれまでの累計生産台数は全世界で100万台を超えています。今回発売されるロードスターの誕生30周年記念モデルは、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる朝焼けのようなオレンジ系の専用色「レーシングオレンジ」を採用した2つのルーフタイプの特別仕様車を設定しています。

 ソフトトップモデルは、千葉県の幕張メッセで開催される「オートモビル カウンシル2019」の会場において展示され、リトラクタブルハードトップモデルのRFについては、マツダのブランド発信拠点である「マツダブランドスペース大阪」において、2019年4月5日(金)より展示されます。

 「ロードスター30周年記念車」のメーカー希望小売価格は、消費税込みで368万2800円〜430万3800円です。ウェブページでの商談予約受付期間は、ソフトトップモデルが2019年4月5日(金)から4月15日(月)まで。リトラクタブルハードトップモデルの RFは2019年4月27日(月)から6月10日(月)となっています。

■「ロードスター30周年記念車」の概要
ベース車
・ソフトトップモデル「ロードスター」:RS(MT車)
・リトラクタブルハードトップモデル「ロードスターRF」:RS(MT車)、VS(AT車)
特別装備
・ ボディカラー:レーシングオレンジ
・ レイズ製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)
・ “30TH ANNIVERSARY”オーナメント(シリアルナンバー付)
・オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、エアコンルーバーベゼル、 ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー、パーキングブレーキレバー など)
・ レカロ製シート
・ ビルシュタイン製ダンパー(MT車のみ)
・ ブレンボ製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・ ニッシン製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・ ボーズ製サウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカー
・ アルカンターラをドアトリムやインパネ、シート表皮に採用
日本国内販売台数
150台を予定
販売方法
・ 商談予約は、マツダの専用ウェブページのみで受付。仕様等の詳細情報につきましても、下記のウェブページにてご確認く
・ 応募多数の場合は抽選を予定。(先着順ではありません)
・ ウェブ商談予約受付の当選後、店頭での契約が必要となります。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索