ポルシェの人気SUV「カイエン」にクーペモデル追加!新型「カイエンクーペ」予約開始

ポルシェの人気SUV「カイエン」にクーペモデル追加!新型「カイエンクーペ」予約開始

ポルシェの人気SUV「カイエン」のラインナップが拡大され、クーペタイプの新型「カイエンクーペ」が登場しました。

ポルシェ「カイエン」のラインナップ拡充でクーペが登場

 ポルシェ「カイエン」のラインナップにクーペタイプの新型「カイエンクーペ/カイエンターボクーペ」が追加され、2019年4月22日より予約が開始されました。

 新型カイエンクーペは、ボディ後方にかけて傾斜するシャープなラインとすることで、SUVとしてのダイナミックさとクーペのエレガントなプロポーションを兼ね備えたモデルです。


上海モーターショー2019で出展されていたポルシェ「カイエンクーペ」

 ルーフには2.16平方メートルのパノラマガラスルーフが標準装備され、後席の乗員に開放感を与える仕様としています。また、ローラーブラインドを採用することで直射日光や寒さを防ぐことも可能です。

 オプションのカーボンルーフは、「911 GT3 RS」と同様、中央にくぼみを設けてスポーツカーらしい雰囲気としました。なお、このカーボンルーフは「ライトウェイトスポーツパッケージ」のひとつとして選択することができます。

 さらに、ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)のパーツとして、固定式ルーフスポイラーと新しいアダプティブリアスポイラーが組み合わされています。クーペモデルのシルエットと一体化するスポイラーは、時速90km/hを超えると135mmまで展開してリアアクスルへの接地圧を高め、同時にPAAが空力効率を改善に効果を発揮します。

 カイエンクーペの室内空間は、大人4人がゆったりと乗車できる広々としたスペースを備えています。外観はクーペ特有の低く構えたスポーティなシルエットではありますが、リアシートをカイエンよりも30mm低く設置することで、後席の乗員の頭上にも十分なゆとりを設けました。

 また、荷室の容量は625リットルと日常での使用でも十分のサイズを確保していますが、リアシートを折りたたむと、1540リットルに拡大されます。(カイエンターボクーペは、600リットルから1510リットルに拡大)

  新型カイエンクーペに搭載される3リッター6気筒ターボエンジンは、340馬力/450Nmを発生し、0-100km/h加速タイムは6秒、最高速度は243km/hに達します。オプションのライトウェイトスポーツパッケージを装着すると、0-100km/h加速タイムが5.9秒に短縮されます。

 さらに、トップモデルのカイエンターボクーペは、4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、550PS/770Nmを発生。静止状態からわずか3.9秒で100km/hまで加速し、最高速度は286km/hに達するなど、強烈な加速性能を誇っています。

 価格(消費税込)はカイエンクーペが1115万円、カイエンターボクーペが1974万円です。なお、国内での発売日は決定次第アナウンスされることになっています。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索