デカ盛り上等! 高速サービスエリアで挑戦したいご当地「ガッツリ飯」選手権

デカ盛り上等! 高速サービスエリアで挑戦したいご当地「ガッツリ飯」選手権

最近は、ご当地グルメが楽しめる高速道路のサービスエリアが増えています。そのなかで、深夜でもお腹いっぱい食べられる「ガッツリ飯」を紹介します。

ラーメン、カレー、丼モノなど、SAで人気のガッツリ飯

 高速道路のサービスエリア/パーキングエリア(以下、SA/PA)は、休憩や買い物、給油など、さまざまな用途で立ち寄る機会が多いですが、最近ではご当地グルメが味わえるスポットとしても注目を集めています。

 レストランやフードコートは24時間営業しているところもあり、深夜でも温かくておいしい食事が味わえるのは嬉しいものです。

 今回は、「24時間」「ご当地」だけでなく、お腹いっぱいになる「ガッツリ飯(ボリューミーな食事)」が食べられるSA/PAと、その看板メニューをご紹介します。

「Wで満足!! 満腹ラーメン」佐野SA/下り(画像提供:ネクセリア東日本)「Wで満足!! 満腹ラーメン」佐野SA/下り(画像提供:ネクセリア東日本)

●「Wで満足!! 満腹ラーメン」1800円(税込)
・東北自動車道 佐野SA(下り) フードコート

 栃木県佐野市といえば、透き通るような醤油スープで人気の「佐野ラーメン」があるエリア。佐野SAには、出てきた瞬間あまりのインパクトに驚くラーメンがあります。

 それは、佐野SAの軽食コーナー限定で味わえる「Wで満足!! 満腹ラーメン」です。

 使用する麺は通常の倍の2玉。その上に、地元産のもやしが400g、那須三元豚のバラ肉を使用した自家製チャーシューが100g、味付け玉子がひとつ、さらにカリッと揚げたから揚げがふたつに加え、メンマや海苔などを盛り付けた豪快な一杯で、重量は1.3kg超えというメガ盛り醤油ラーメンです。

 揚げ物や肉類が多くかなりハイカロリーですが、肉好き&ラーメン好きなら1度は挑戦してほしいメニューです。
 
●「横綱ラーメン」1620円(税込)
・東北自動車道 安達太良SA(上り) フードコート

 福島県は、「白河ラーメン」や「喜多方ラーメン」など、人気のご当地ラーメンの多い県として知られており、鶏ガラや豚骨、煮干しを組み合わせた味わい深いスープが特徴です。

 そんなラーメン人気の高い福島県内の上り線で最後のサービスエリアとなる安達太良SAで味わえるガッツリ飯が、超ド級の「横綱ラーメン」です。

 使用しているどんぶりは、なんと直径30cmのすり鉢。麺は3玉、チャーシューが6枚入り、オーダーするだけで注目されるメガ盛りラーメンになっています。

 総カロリーが2608カロリーにもなる名物メニューで、大食いタレントとしても有名な、もえのあずきさんも大好物とのこと。

 ひとりでは食べられないという人もご安心を。シェアして食べられるように小皿が付いてくるので、仲間や家族と楽しめます。

●「三芳まんぷくカレー」2600円(税込)
・関越自動車道 三芳PA(下り) フードコート

 だれもが大好きなカレーライスは、ガッツリ飯の代表格です。また、ライスとルーの量を増やしたり、トッピングをのせることでメガ盛りにしやすいメニューでもあります。

 カレーライスのチャレンジングなメニューを用意するのは、東京都練馬区の練馬ICから新潟県長岡市を結ぶ関越自動車道、三芳PAのレストランにある「三芳まんぷくカレー」です。

 たっぷりライスの上には、揚げたてのチキンカツ、メンチカツ、ポークカツ、米沢牛を使用したコロッケ、とろけるチーズがかかったハンバーグにルーをかけた、ワイルドとしかいえない圧巻のボリューム。

 総重量は約1.8kg、総カロリーは、成人男性の1日に必要なカロリーの倍近い約3700カロリーを誇る、メガ盛りカレーライスになっています。

 もちろん、TV番組のようなチャレンジグルメではないので、数人でシェアできますが、揚げ物大好き&お肉大好き&カレーも大好きな人にとっては夢のようなメニューです。

丼モノ+麺のセットは満足度も高い!

●「メガトンランチ」1250円(税込)
・上信越自動車道 横川SA(上り) フードコート

 上信越自動車道は、新潟県上越市から長野県を経由して群馬県の藤岡JCTに続く高速道路です。上信越道のなかでも横川SAは、別名「ドラマチックエリア」と呼ばれ、上下線でレトロな風情とリゾート感覚が楽しめる比較的新しいSAです。

「メガトンランチ」横川SA/上り(画像提供:ネクセリア東日本)「メガトンランチ」横川SA/上り(画像提供:ネクセリア東日本)

 有名な駅弁「峠の釜めし」なども販売されていますが、ガッツリ飯好きなら挑戦したいメニューが、フードテラスでオーダーできる「メガトンランチ」です。

 チキンライス350gと白いライス350gをとろとろのオムレツで包み、カレーをかけた上に、ハンバーグ&デミグラスソースをプラスした、見るからに濃い味付けのワイルドメニューで、総カロリーは2288カロリーと立派なものです。

 これだけのボリュームなのに1250円というリーズナブルな価格で提供しているのもポイントで、オーダーする強者も多いといいます。

 ちなみに、横川SAのお土産としても人気なのが、「カレーパン」。カレー好きはぜひ訪れたいサービスエリアです。

●「牛とじ丼ミニそばセット」900円(税込)
・北陸自動車道 有磯海SA(上り) フードコート

 北陸自動車道は、滋賀県米原市から新潟県新潟市までを結ぶ日本海側の高速道路。この高速道路上のSA/PAは、新鮮な海の幸を目玉にしたご当地メニューが数多くあります。

 しかし、海の幸がレストランの調理場に届くのは朝になるため、深夜や早朝では味わえないこともあります。

 そんななかで、富山県滑川市にある有磯海SA(上り)フードコートで食べられるのが「牛とじ丼セット」です。甘辛い味付けのたっぷりの牛肉を卵でとじた丼は、下に敷かれた白米にまでおいしい汁が染み込み、ガッツリと食べられる一品。

 これに味噌汁代わりの小ぶりの温かいそば(うどんも可)が付いた、食べ応えのあるセットになっています。

●「豚バラ焼肉丼とミニきしめん」980円(税込)
・名神高速道路 養老SA(下り) フードコート

 愛知県小牧市から岐阜県、滋賀県、京都府、大阪府を経由し兵庫県西宮市まで続く名神高速道路。こちらにも近畿地方から関西地方のおいしい料理を取り揃えたSA/PAが数多くあります。

 そのなかから今回チョイスしたのは、岐阜県の養老SA。フードコートで24時間食べられるガッツリ飯が、「豚バラ焼肉丼とミニきしめん」です。

 使用する豚バラ肉は、ニンニク醤油に一晩漬けこんだ厚切りタイプ。熱々ごはんの上にキャベツを敷き、その上に豚バラ肉が7枚ものったボリューム満点のメニューです。

 これに組み合わせる汁モノは、「そば」でも「うどん」でもなく、「きしめん」というところが東海地方らしいポイント。

カツオと昆布のつゆもおいしいと評判で、独特のツルツルとしたノド越しのきしめんも一緒に味わるお得なセットになっています。

※ ※ ※

 今回取り上げたのは、SA/PAにあるレストランではなく、フードコートで24時間味わえるメニューばかりです。おいしくてボリューミーな「ガッツリ飯」で、しっかりパワーチャージしてください。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索