車に「水抜き剤」は必要? 給油時の定番セリフ「水抜き剤入れますか」は不要だった

車に「水抜き剤」は必要? 給油時の定番セリフ「水抜き剤入れますか」は不要だった

かつてクルマに燃料を入れる際、ガソリンスタンドで必ずと言っていいほど聞かれた「水抜き剤入れますか?」。最近では、耳にする機会が減ったようですが、そもそも水抜き剤とはどんなものなのでしょうか。

給油時に勧められた? 水抜き剤ってなに?

 ガソリンスタンドで給油する際、スタッフに勧められることの多い「水抜き剤」。場合によっては給油するたび、毎回勧められる人もいるようです。

 しかし、実際に水抜き剤を使うとどうなるのか、そしてどのような効果があるのか、わからない人も多いのも事実。水抜き剤とは、どんなものなのでしょうか。

 クルマを使用していると、燃料タンク内に水が溜まることがあります。燃料は、燃料ポンプによってエンジンに送られるため、タンク内は真空状態に近い状態となります。

 この状況で、新たに給油すると外の空気が燃料タンク内に入っていきますが、この空間には微量な水分が含まれているため、気温が低くなったときなどに結露し、水が溜まったままの状態だと、タンク内が錆びる要因となります。

 その水分を取り除くのが、水抜き剤の役割です。一般的な水抜き剤は、水分をアルコールなどの成分によって、燃料と一緒に燃焼させる添加剤のひとつです。

 では、水抜き剤を自ら購入して使用すべきものなのでしょうか。カー用品店「オートバックス」を運営する株式会社オートバックスセブンは、水抜き剤について次のように話します。

――水抜き剤の原理を教えてください。

 タンク内に溜まった水と、水抜き剤の主成分であるイソプロピルアルコールが混ざり合い、水を強制的に燃焼させることができます。燃焼された水分は水蒸気として排出されるため、これにより「水抜き」が完了します。

 使用の際は、間違った分量を入れるなどをしてしまうとエンジントラブルを起こす可能性があるため、自らのガソリンタンクの容量を調べ、用法と用量の正しい使用を心がけてください。

――水抜き剤は入れたほうが良いのでしょうか。

 水が発生してしまうのは確かなので、使用することに越したことはありませんし、いまも水抜き剤は一定数の売上があります。

 しかし、最近のクルマはガソリンタンクの性能が向上し、結露しにくくなっています。タンク内の水が原因のトラブルも最近はあまり聞きません。そのため、昔ほど強く勧めるようなものではなくなっているのかなと感じます。

セルフGS増加で、耳にする機会の減った「水抜き剤」

 必ずしも必要ではない水抜き剤ですが、最近はガソリンスタンドでも勧められる機会が減っているようです。そもそも、なぜ水抜き剤は勧められていたのでしょうか。

 ガソリンスタンドで働いていた元スタッフは次のように話します。

「当時は、給油されるお客様に必ず『水抜き剤』を勧めていました。これは、サービスの一環というよりは、その販売店の売上を上げるのが主な目的でした。ガソリンスタンドは、給油だけでは利益が少ないといわれています。そのため、車検やタイヤ・オイル交換、消耗品の販売促進が必要でした。

 また、昔は燃料タンクの錆トラブルがあったことから、給油時に水抜き剤を進める宣伝が定番化したのだと思われます。しかし、タンクの性能向上やお客様の『水抜き剤は重要ではない』という印象が広まったことで、給油時に勧めることは少なくなりました」

※ ※ ※

 最近水抜き剤を勧められなくなった要因としては、フルサービスのガソリンスタンドの数が年々減少し、セルフサービスのガソリンスタンドが増えていることが挙げられます。

 日本エネルギー経済研究所石油情報センターが発表する石油情報センター調査報告書内の「セルフSS出店状況」によると、2019年3月末時点では全ガソリンスタンド3万70店のうち、セルフスタンドは1万100店と約3割を占めています。

 これは、1998年の消防法改正による規制緩和でセルフサービスのガソリンスタンドが登場して以来、毎年その割合は増加。そのため、ガソリンスタンドのスタッフと接することが少なくなったことで、最近では水抜き剤を勧められる機会が以前に比べると減っているといえるのです。

 オートバックスセブンの担当者も述べているように、ガソリンタンクの性能が向上したことで水抜き剤は必ずしも必要なものではなくなっています。

 具体的には、最近のクルマのガソリンタンクは従来の「金属製」から、錆びにくいとされる「樹脂製」へ変わっているほか、タンクの密閉性が向上していることで外気が入りにくくなり、結露そのものも発生しにくくなっているとされています。

 昔ほど神経質になる必要はなさそうですが、それでも気になってしまう気持ちもあります。まずは自分のクルマのガソリンタンクの素材は何製なのかを調べ、それによって水抜き剤を使用するべきかを検討するのが良いでしょう。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索