自衛隊のクルマ、じつはトヨタ製!? どんなクルマが活躍しているのか

自衛隊のクルマ、じつはトヨタ製!? どんなクルマが活躍しているのか

2019年も、陸上自衛隊の人気イベント「富士総合火力演習」が8月25日に開催されます。最新鋭の「10式戦車」から、国産自動車メーカーの車両まで。陸上自衛隊のクルマにまつわる知識をおさらいしておきましょう。

参加倍率数十倍? 富士山麓で開催される自衛隊イベントとは

 2019年8月25日、陸上自衛隊が主催するイベントのなかで、もっとも高い人気を誇る「富士総合火力演習」が静岡県の御殿場市東富士演習場で開催されます。
 
 陸上自衛隊に所属するクルマ(自衛隊車両)を見ることができる機会としても知られていますが、いったいどんなクルマが登場するのでしょうか。

 通称「そうかえん」の名称で親しまれるこのイベントは、1961年に開始されました。陸上自衛隊のみならず、航空自衛隊や海上自衛隊の航空機なども参加する大規模な内容です。

 1966年以降は、自衛隊の広報活動の一環として一般公開をおこなっており、一般人が実際に実弾演習を間近で観覧できることから、近年人気を高めています。
 
 参加には、事前に陸上自衛隊のウェブサイトからの申込みが必要で、その人気の高さから応募倍率は非常に高く、陸上自衛隊の公開している情報によると、2018年度の倍率は驚きの30倍を記録しています。

 2018年度に開催された総火演では、島しょ防衛に用いられる「16式機動戦闘車」や「水陸両用車」といった車両が初めて射撃を公開したことにより、話題を集めました。
 
 参加車両は、陸上自衛隊が所有する「10式戦車」や、人員輸送を目的とする小型の「高機動車」など、多岐にわたります。

 では、陸上自衛隊ではどのような車両が使われているのでしょうか。装甲車や戦車といった戦闘車両から、トラックやけん引車両といった輸送に用いられるクルマを含めると、その数は数十種類となります。

 そしてこれらの車両は、自衛隊が開発・製造していると思っている人も多いのではないのでしょうか。じつは、意外にもこれらの車両は一般の自動車メーカーが関係しているのです。

 たとえば、陸上自衛隊が人員輸送車両に使用している「高機動車」はトヨタが開発しており、製造は日野がおこなっています。
 
 また、「コガタ」の愛称で親しまれる「1/2tトラック」は三菱が製造を担当。さらに、いすゞや三菱ふそうといったトラック系の企業から、バイクやジェットスキーで知られるカワサキモータースまで参画しており、日本の自動車関連企業と密接な関係にあるのです。
 
 なぜこのようなケースが多いのか、陸上自衛隊広報課に話を聞いたところ、次のように説明します。

「入札の関係もありますので詳細はお答えできませんが、新規開発ではなく、市販車をベースとすることでコストを削減する期待はございます」

気になる自衛隊車両の価格やスペックは?

 富士総合火力演習に向けて、定番の自衛隊車両や、先述した国産自動車メーカーが携わる車両をおさらいしましょう。

●96式装輪装甲車(小松製作所)

「96式装輪装甲車」は、1996年に制式化(装備に「制式名称」を与えること」)された、陸上自衛隊における定番車両のひとつです。

 この車両は自衛隊初の装輪車両であり、戦闘車両でありながら、キャタピラが用いられていない点が特徴的です。そのため路面へのダメージが比較的少ないとされています。

 開発製造は、建設機械メーカーとして知られる小松製作所が担当しています。乗員は10名、エンジンには三菱6D40型水冷直列6気筒ターボチャージドディーゼルが搭載されており、出力は360馬力を誇ります。
 
 武装は12.7mm重機関銃M2、もしくは96式40mm自動てき弾筒が装備可能となっており、調達価格は、1両あたり1億8000万円です。

●高機動車(トヨタ)

「高機動車」は、1990年初頭から導入が開始されたジープ型の車両です。トヨタが米軍の「ハンヴィー」をモデルに開発し、人員輸送や資材運搬などに幅広く用いられています。

「疾風」または「コーキ」の愛称で親しまれ、エンジンには水冷直列4気筒OHV4バルブターボディーゼルが搭載されており、170馬力を発揮します。最高速度は125km/hで、高い走行性能から陸上自衛隊内で広く配備されています。

 また、開発はトヨタが、製造は日野が担当しており、調達価格は1両あたり700万円です。また過去には高機動車をベースとしたトヨタ「メガクルーザー」が、民間用に販売されたことでも有名です。

●軽装甲機動車(小松製作所)

 96式装輪装甲車と同じく、小松製作所が製造する装甲車が「軽装甲機動車」です。

 2000年初頭から導入が開始された比較的新しい車両であり、歩兵機動車というカテゴリに属します。おもに普通科部隊や偵察部隊など、先述した高機動車同様、幅広く導入されています。

 また、Light Armoured Vehicleの頭文字をとり「ラヴ」の愛称でも親しまれていて、イラク派遣に使用されたことから、ニュース映像などで記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

 武装は、戦車のような固有の搭載火器はないものの、上部ハッチから上半身を出すことで5.56mm機関銃「MINIMI」や、対戦車誘導弾の射撃が可能となっています。
 
 高機動車などと比べ、車体全面が装甲で覆われているため、隊員の生存性が高められている点も特徴で、エンジンには、4ストローク水冷ディーゼルが搭載されており、出力は160馬力を誇ります。
 
 また、ボディが比較的小型かつ軽量なことでも知られており、輸送ヘリコプターで空輸することが可能。調達価格は1両あたり4850万円です。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索