パナソニック 10V型新型SDナビ「Strada」など9機種と専用ドライブレコーダー2機種を発表

パナソニック 10V型新型SDナビ「Strada」など9機種と専用ドライブレコーダー2機種を発表

パナソニックは、「DYNABIGスイングディスプレイ」を搭載したSDカーナビステーションシリーズ「ストラーダ」の新モデルを3機種、「ストラーダ」RXシリーズを2機種、スタンダードモデルを4機種、あわせて専用ドライブレコーダー2機種をラインアップをし、2019年11月上旬より発売します。

注目は、400車種以上に装着可能な10型大画面・高画質ナビ BD視聴も可能!

●400車種以上に装着可能な10型大画面ナビ「F1X PREMIUM10」

「DYNABIGスイングディスプレイ」を搭載したシリーズは、従来品(9V型)と同等のディスプレイユニットサイズに収まる狭額縁の10V型フローティング大画面を新たに開発。

 10V型でありながら業界最多の400車種以上に装着可能とし、高まる大画面ニーズに対応することで、ユーザーの選択肢を広げています。

 画面が左右にスイングする機能を全モデルに搭載し、「見やすくキレイな大画面」がさらに進化。高精細な「HDブリリアントブラックビジョン」を搭載し、表示解像度を従来モデル比で32.4倍に向上させ、ストラーダ史上最上級の高画質を実現しました。

 さらに新設計の専用パワーアンプを搭載し音質面も強化したほか、ブルーレイや地デジを高精細なHD画質、高音質で楽しめます。

 また、別売りの前後2カメラドライブレコーダー「CA-DR03TD」と連携し、安全・安心ドライブを支援します。カーナビ画面で後方の映像を確認できるなど、あおり運転の不安にも対応しました。

●ブルーレイプレーヤー搭載の「ストラーダ」RXシリーズ

 RXシリーズは、市販カーナビでパナソニックだけが実現している、ブルーレイプレーヤーを搭載した7V型AV一体型カーナビです。

 普段家庭で視聴しているブルーレイソフトやレコーダーで録りためた高画質映像をクルマに持ち込んで気軽に楽しめます。従来モデル比でモニターの輝度を1.3倍、コントラストを1.5倍に高め、さらに明るく美しいブルーレイ映像の視聴が可能になりました。

●「ストラーダ」スタンダードモデル4機種

「ストラーダ」のスタンダードシリーズは、求めやすい価格でありながら、VICS WIDE対応の渋滞回避機能、BLUETOOTHオーディオ、8倍速CD録音など、ユーザーニーズの高いナビ・AV機能が充実した7V型AV一体型カーナビです。

 ルート設定やBLUETOOTHオーディオなど、使用頻度の高い基本操作性を改善させるとともに、従来モデル比で輝度を1.3倍、コントラストを1.5倍に高めてモニターの視認性を向上させることで、映像や地図がより見やすくなりました。

 さらに交通事故防止対策のカラー舗装や、東京2020オリンピック・パラリンピックに向け変更された標識情報までリアルに反映させた新地図で、見やすく分かりやすく案内します。

●「ストラーダ」 専用ドライブレコーダー

 カーナビの画面で簡単に操作や映像再生ができる「ストラーダ」の連携モデルとして、視界を邪魔しない小型の前後2カメラタイプ(CA-DR03TD)のドライブレコーダーを新たにラインアップ。

 クルマの前後を同時に録画するほか、走行中にカーナビの画面で後方の映像を確認できる「ワンタッチ後方ビュー」機能や、バック時にリバース連動で後方の目視補助をおこなう「リバース後方ビュー」機能を搭載。

 カメラはF値1.2の明るいレンズの採用により最低被写体照度0.1ルクスでの撮影を可能とし、暗いシーンもしっかり録画ができ、夜間の走行時や駐車時も安心です。また、ドライブレコーダー搭載を車外に認知させるオリジナルステッカーを付属し、あおり運転の不安にも対応しています。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索