チャイルドシートの選び方が体重から身長に変わる!? 新たな安全基準「R129」とは?

チャイルドシートの選び方が体重から身長に変わる!? 新たな安全基準「R129」とは?

チャイルドシートの国際的な新安全基準として「R129」が採用され、これまで体重を目安としてチャイルドシートを選んでいましたが、新基準では身長を目安にするといいます。一体どのように変更されるのでしょうか。

チャイルドシートの国際的な新安全基準「R129」とは?

 最近、新しいチャイルドシートの説明において「R129」や「i-Size(アイサイズ)」という言葉を目にすることが増えてきました。まだあまり周知されていませんが、これらはチャイルドシートの新しい安全基準です。いったいどのような基準なのでしょうか。

 R129の正しい呼び名は、「ECE UN R129(国際連合ヨーロッパ経済委員会協定規則第129号)」で、日本が2012年7月から採用している「R44」と同様に、国連・欧州の基準になります。

 現在は、R129とR44が並行して採用されている状態なので、いずれかの基準を満たしていれば新規製品として製造、出荷が可能です。

 R129の詳細を説明する前に、現在のR44に基づくチャイルドシートのタイプを簡単に紹介しておきましょう。

 チャイルドシート(正式名称:CRS=child restraint system、年少者用補助乗車装置)は、生まれてすぐの乳幼児から11歳・12歳頃(身長145cmから150cmで車両シートベルトが正しく使える身長)までを対象とした、子どもの安全を確保するためのシートです。成長に合わせて3タイプが設定されています。

 乳児用は、後ろ向きで使うベビーシートで、乳幼児兼用タイプは体重10kgくらいまで後ろ向きで使います。乳児専用タイプは13kgまで使用が可能です。(シートによって異なる場合があります)

 幼児用は、体重9kgから18kgを対象としたチャイルドシートです。乳幼児兼用タイプはできるだけ長い間後ろ向きで使うことが安全とされているので、頭が出たり脚がつかえたりしない限りは後ろ向きで使いましょう。

 学童用は、幼児用を卒業したあと、4・5歳から12歳頃までチャイルドシートです。座面だけのタイプや背もたれがついて頭部のサポートが付いたタイプなどがあります。体重は18kgから36kgが対象ですが、背もたれなしで座面だけのブースターシートは、安全のため身長125cm、体重22kgを超えてから使用します。

 R44基準のチャイルドシートでは、体重を目安に子どもの体に合わせたチャイルドシートを選んでいましたが、R129(i-Size)では体重ではなく身長に合わせるように変更されています。身長の方が体重よりも個人差が少ない、誤使用を減らすというのが、体重から身長に切り替わった主な理由です。

 R129(i-Size)の基準で、ユーザーの使用に関わる重要な部分は下記のようです。

●身長40cmから105cmまでの子どもが使うチャイルドシートに適用

 メーカーやシートによって適用身長を45cm以上や100cm以下にしている場合もあります。

●生後15か月までは後ろ向き使用を義務付けている

 生後15か月を超えても身長が76cm未満の場合は必ず後ろ向きで使用します。

●乳幼児兼用タイプの場合は、最低でも身長83cmまでは後ろ向きで使える設計となっている

 事故などによる強い衝撃は、背中側から受けて衝撃を分散させることが安全とされています。首が脆い乳幼児ならなおさらで、乳幼児兼用タイプのR129(i-Size)ではどのメーカーのシートも身長83cm(1歳10か月前後)まで後ろ向きで使用できる設計になっています。

●ISOFIXで取り付けられるシートが前提

 R129(i-Size)は、ISO-FIX取付のシートを前提とした安全基準です。i-SizeとISO FIXは似た言葉ですが、意味は全く異なります。

※ ※ ※

 あまり知られていませんが2017年半ば以降に発売された新型車を中心に、「i-Size対応」の車両シートが標準装備され始めています。

 ISO FIXの金具が車両側に装備されていればR129(i-Size)チャイルドシートも問題なく装着できますが、ISO-FIX金具がついていてもクルマによっては適合しない場合があります。必ず購入前にチャイルドシートメーカーの公式サイトなどで、車種適合の確認をおこなってください。

 このほか、側面衝突への安全性強化や、より人体に近い新生児ダミー人形を使った衝突試験がおこなわれるなどが、R129(i-Size)の特徴です。

R129基準をクリアしたチャイルドシートにはどのようなものがある?

 最新の安全基準であるR129をクリアしたチャイルドシートには、欧州トップブランドのブリタックスレーマーやマキシコシ、日本ブランドのアップリカやコンビなどの製品があります。

 また国内自動車メーカー初の純正品としてR129(i-Size)チャイルドシートを導入したのはホンダで、2017年6月に「Honda ベビー&キッズ アイサイズ」を発売しています。

 以下、R129基準をクリアしたチャイルドシートの一例です。

●アップリカ:フラディアグロウ360℃セーフティ、クルリラプラス360℃セーフティほか
●コンビ:プロガード ISOFIX エッグショック RK
●マキシコシ:ペブルプラス、2ウェイパール、アクシスフィックスプラスほか
●レーマー:ベビーセーフ i-SIZE、デュアルフィックス i-SIZEほか
●ジョイ―:i-Level(アイレベル)
(2019年9月現在)

 これらのシートはすべて身長83cmまで後ろ向き使用ができる設計になっていますが、「レーマー デュアルフィックスi-Size」、「マキシコシ 2ウェイパール」、「コンビ プロガード」の3機種については、4歳頃(コンビは100cmまで、ほかは105cmまで)まで、より安全性の高い後ろ向きでの使用が可能です。

 現在、日本で国土交通省が審査をおこない、出荷を許可されたR129基準のチャイルドシートは『i-Size』(新生児から身長105cmまでの乳児・幼児用)ですが、次にR129の対象となるのはISO FIXで取り付けるジュニアシートです。

 国交省では2022年9月以降、新たに審査をおこなうジュニアシートに関してはR129基準で安全性を審査する予定としています。

 日本でジュニアシートといえば背もたれのないブースターシートを想像する人が多いかもしれませんが、欧州では座面だけのタイプは安全性が劣るという観点から少数派です。

 R44の規則では、背もたれなしは体重22kg身長125cm以上(7歳から8歳以上)での使用が推奨(一部義務付け)されています。

 日本では、3歳から4歳のまだ小さなうちから背もたれなしのジュニアシートを使っている例が見られますが、体重18kgまでは幼児用チャイルドシートを使用し、そのあと、身長125cmを超えるまでは頭や肩回りを保護する背もたれ付きのジュニアシートを使いましょう。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索