ホンダ新型「フィット」を先行公開! デザイン変更や新たなHVシステム搭載など大幅進化

ホンダ新型「フィット」を先行公開! デザイン変更や新たなHVシステム搭載など大幅進化

4代目となるホンダ新型「フィット」のティザー画像が公開されました。ヘッドライトやアンテナなどの形状が変更になることに加え、新しいハイブリッドシステムを搭載するなど、パワートレインが進化して生まれ変わります。

新型フィットはどう進化する?

 ホンダが東京モーターショー2019で世界初公開する新型「フィット」のティザー画像が、早くも公開されました。

 4代目となる新型フィットは、独自のセンタータンクレイアウトによる広い室内空間と、多彩なシートアレンジを継承し、ハイブリッドモデルには小型化された2モーターハイブリッドシステム「i-MMD」を搭載します。

 従来の使い勝手の良さはそのままに、乗った人が心地よいと感じるような、日常をさらに豊かにするクルマとして生まれ変わるといいます。

 今回公開された画像はサイドのシルエットで、詳細はわかりにくいものの、ヘッドライトの形状変更やアンテナがシャークフィンになるなど、外装も大きく変更されるようです。

 また、Aピラー周辺に光が強く当たって隠されていることから、このあたりに秘密があるのではないかと思われます。

 細かい部分では、これまでは少し傾いていた「FIT」のロゴが、垂直に正立したフォントになるようです。

※ ※ ※

 2019年5月8日におこなわれた事業方針説明会見で、ホンダの八郷隆弘社長は次のようにコメントしています。

「今後は、2モーターハイブリッドシステムのi-MMDを、ホンダのモデルラインアップ全体に拡げていきます。中・大型モデルに対応しているi-MMDに、新たに小型車向けのシステムを開発しました。

 この小型i-MMDは、2019年秋の東京モーターショーで世界初公開予定の新型フィットから採用します。

 採用モデルのラインアップ拡大に加え、グローバルでの展開をおこなうことにより、i-MMDのシステムコストは2022年までに、2018年に比べて25%の削減を見込んでいます」

 ホンダは、2030年に全世界で販売される4輪車販売台数の3分の2を、モーター駆動を含む「電動車」にするという目標を掲げています。

 またハイブリッド車の拡充を中心におこなうことで、この目標の達成を目指していくことも明らかにしています。

 日本だけでなく海外でも販売されるフィットは、ホンダがグローバルで電動化を進めるカギとなりそうです。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る