「TURBO」の文字が反転しているのがナウい! 昭和のクルマあるある3選

「TURBO」の文字が反転しているのがナウい! 昭和のクルマあるある3選

昭和のクルマでは当たり前だったようなことが、いまではほとんど見られなくなった事例は意外と多いです。そこで、昭和のクルマにあったモノや事柄を3つピックアップして紹介します。

昭和のクルマにあって、いまはなくなったもの3選

 日本の自動車製造は大正時代にはじまり、昭和で飛躍的に生産台数を伸ばし、平成であらゆる性能が目覚ましく進化して、いま令和を迎えています。

 100年以上のクルマづくりの歴史のなかでは、生まれたモノもあれば消えていったモノもあります。そこで、昭和のころのクルマにあって、いまは消えてしまったモノや事柄を3つピックアップして紹介します。

●「TURBO」の文字を反転したステッカーをフロントに貼っていた

 国産乗用車にターボチャージャー(以下ターボ)が初めて装着されたのは、1979年に発売された日産「セドリック/グロリア」でした。2リッターエンジンに装着することで、2.4リッターから2.8リッターの自然吸気エンジンに相当するパワーを発揮しました。

 なぜスポーティなクルマではなく、セダンのセドリック/グロリアが初のターボ車だったのかというと、諸説ありますが、当時の運輸省の認可をもらうために、ターボはパワーアップのためではなく燃費や経済性が目的だから、おとなしめなセダンからとしたようです。

 その後はスポーティなクルマにも順次ターボが装着され、各社パワーを競うようになります。そして、ターボが装着されていることをアピールするために、リアのみならずフロントにも「TURBO」のエンブレムが装着されるクルマも現れました。

 さらに「TURBO」の文字を反転(鏡文字)にしたステッカーを、フロントバンパーやフロントスポイラーに貼るのが流行ります。

 これは前走車のルームミラーに後続車が映った時に、前走車のドライバーが「TURBO」の文字が正しく見えるという演出でした。

 もともとこの反転「TURBO」ステッカーは欧州車が始まりで「ターボ装着車だから追いつかれたらどきなさい」という意味で、高性能なことをアピールする目的だったようです。

 なお、当時はメーカー純正だけでなく、カー用品店でもステッカーが販売されており、ドレスアップにも使われました。

その昔、エンジンを始動するための「儀式」があった

●ハザードのスイッチはハンドルの奥だった

 やむをえず路上駐車しなければならない時や、クルマがけん引されるときなど、後続のドライバーに危険を知らせるためのものが「ハザードランプ(以下ハザード)」です。

 高速道路などで渋滞の最後尾になる時や、駐車場にバックで停める時にハザードを使うこともあります。

 近年のクルマでは、ハザードスイッチはインパネやセンターコンソールの手が届きやすい位置に付いていますが、昔はハンドルの奥のコラム上に設置されているのが普通でした。

 つまり、走りながらハザードを点灯させようとしたら、手をハンドルの中に入れる必要があり、いまなら危険な行為のようにも思えてしまいます。

 そもそも、走りながらスイッチを操作することを想定していなかったのかもしれません。ただし、車種によってはインパネにスイッチが設置されていました。

 ちなみに、ハザードスイッチは「パーキングランプ(駐車灯)」のスイッチも兼ねていることが多かったです。パーキングランプは、いまの国産車では見られませんが、文字通り夜間の駐車時にスモールランプとテールランプのみを点灯させるというものでした。

●エンジン始動時には「チョークレバー」を引いていた

 いまのクルマでエンジンを始動するにはスタートボタンを押すか鍵をひねるだけで、セルモーターが回り簡単にエンジンが掛かります。

 ところが、昔のクルマはセルモーターを回す前に、ひとつ作業がありました。それは「チョークレバー」を引くという行為です。

 ガソリンエンジンの場合、いまのクルマは燃料の調整が電子制御化されていますが、以前は「キャブレター」という機械で制御していました。

 キャブレターはエンジンが吸い込む空気の流れを利用して、燃料を霧状にしながら空気と燃料の混ざった「混合気」を作る装置です。

 混合気に含まれる燃料は気体となって(気化)エンジンに吸い込まれますが、エンジンが冷えている時は気化しづらく、エンジンの始動ができなくなることがあり、とくに冬はその症状が顕著でした。

 そこで、チョークレバーを操作することでキャブレターの空気の通り道を狭くし、一時的に燃料の濃い混合気を作って、気化する燃料を増やすことでエンジンの始動性をよくするのです。

 エンジンが温まるとチョークレバーを手で戻す必要がありましたが、自動で戻る機能が追加され、さらに完全に自動化した「オートチョーク」も登場しました。

 じつは、いまのクルマも同じように自動で燃料が濃い混合気を作って始動性をよくしています。冷えているエンジンを始動すると、しばらくはアイドリングの回転数が上がるのは、そのためです。

※ ※ ※

 昭和が終わってもう30年以上経ちますが、クルマの進化は目覚ましいものがあります。なかでも安全性能と環境性能の向上は30年前ではだれもが想像できなかったほどです。

 今回紹介したものはもう見られませんが、次の30年後には、いまを振り返って懐かしむのかもしれません。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る