トヨタ「プレミオ」も廃止か!? 約20年の間に日本のセダン市場に何が起きたのか

トヨタ「プレミオ」も廃止か!? 約20年の間に日本のセダン市場に何が起きたのか

近年、日本の自動車メーカーによるセダンの車種ラインナップの整理が話題となっていますが、セダンの廃止は決していまに始まったことではないといいます。いったい、どのような状況なのでしょうか。

かつては人気だった小型セダン いつから活気がなくなった?

 トヨタ「マークX」と日産「ティアナ」が、2019年中に廃止されることになりました。トヨタ「プレミオ/アリオン」も、現行型は2007年の発売なので、このまま変更を受けずに廃止される可能性が高いです。

 ただしこうした流れは、いまになって始まったわけではありません。セダンのリストラは昔からおこなわれていたというのですが、いったいどのような状況だったのでしょうか。

 トヨタ「マークII/チェイサー/クレスタ」のような姉妹車の統合や、「セルシオ」などトヨタブランドからレクサスブランドに切り替わった車種を除いても、今まで数多くのセダンが廃止されました。

 比較的記憶に新しい2000年代の廃止だけでも、日産「プリメーラ」(2005年)、ホンダ「インテグラ」の4ドア(2001年)、トヨタ「プログレ」(2007年)、トヨタ「アベンシスセダン」(2008年)、三菱「ギャラン」(2005年)などが挙げられます。とくに、小型から中型程度のボディを持つセダンで目立つ状況です。

 かつては人気の高かったセダンに変化が見られ始めたのは、1996年に発売された11代目のトヨタ「コロナ」からでした。このモデルでは車名が「コロナプレミオ」に変化しています。なぜ車名を変更したのか、当時の報道試乗会でトヨタの開発者は次のように説明しました。

「プレミオとは、優れていることを讃える賞、といった意味です。どのような時代でも、優れたセダンを求めるお客さまは存在すると思います。コロナプレミオは、そこに焦点を当てて、妥協のない開発をおこないました。

 たとえば、優れた走行安定性と快適な乗り心地、余裕のある動力性能と良好な燃費、世界トップ水準の安全性(4輪ABSや運転席・助手席エアバッグの全車標準装着)と割安な価格という具合に、両立が難しい新たな課題に取り組みました。そこで、車名もコロナプレミオに改めました」

 開発側としては、コロナを取って「プレミオ」にしたかったようですが、営業部門が知名度の高いコロナを維持することにこだわり、コロナプレミオで落ち着きました。

 そして、次におこなわれた2001年のフルモデルチェンジで、いよいよコロナをはずして車名がプレミオになりました。このときには、トヨタ「カリーナ」も同時期にフルモデルチェンジされ、車名をアリオンに変えています。従来からコロナとカリーナは基本部分を共通化していましたがプレミオ・アリオン以降は共通性が一層強まりました。

 プレミオ/アリオンでは、クルマの造りも大幅に変更しています。5ナンバーサイズを維持しながら、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)を一気に120mm拡大して2700mmまで伸ばし、後席の足元空間と4名乗車時の居住性を格段に向上させました。

 さらに、後席にもリクライニングと折り畳み機能を採用しています。セダンでもゆったりと乗車して、大きな荷物を積めるように配慮しました。ミニバンやワゴンに乗り替えなくても、それに見合う機能が得られるように工夫したのです。

 コロナプレミオ/プレミオの開発者は、売れ行きが次第に下がっていく状況に危機感を抱き、車名の変更を含めて、当時から対策を講じていたのです。

ミニバン時代に開発された「プレミオ/アリオン」 果たして人気は?

 小型セダンの衰退の背景には、当時のミニバン人気の影響もありました。1992年には3ナンバーサイズのみだったトヨタ「エスティマ」に、5ナンバーサイズの「エスティマルシーダ/エスティマエミーナ」が加わって売れ行きを急増させています。

 1993年の登録台数は、エスティマシリーズを合計すると1か月平均で9000台ですから、いまの「アルファード/ヴェルファイア」と同等でした。1994年にはホンダ初代「オデッセイ」も発売されて、人気車になっています。

 その一方でスモールSUV人気もあり、1995年にはトヨタから初代「RAV4」が発売され、若年層を中心に人気を高めました。

 短期間ではありましたが、ステーションワゴンもブームになっています。トヨタ初代「カルディナ」は1992年に発売されながら、1995年3月に1万4000台近くを登録して、対前年比を165%まで急増させました。発売から3年を経過したクルマが、前年の1.6倍も売れたのですから、ワゴンブームとはいえ驚きました。

 このように1990年代に入ると、バブル経済の崩壊で国内販売総数が急降下する一方、ミニバン/SUV/ステーションワゴンという具合に複数のカテゴリーが成長を開始します。

 手頃な価格のクルマを求める人たちの大多数は、それまではセダンを中心に選んでいたのですが、選択肢が増えてしまったのです。

 それまでは好景気の中でセダンを大量に生産して、効率良く商売をすることができましたが、1990年代の中盤以降には多品種少量生産の時代が始まりました。

 しかもトヨタ自身、この時点で1996年に発売する「イプサム」や「タウンエースノア/ライトエースノア」といったミニバンの開発をおこなっていました。

 エスティマルシーダ/エスティマエミーナや、オデッセイのヒットを見れば、イプサムやタウンエースノア/ライトエースノアが人気を高めることは確実で、小型ファミリーセダンのコロナは打撃を受けます。そういった背景もあり、商品力を高めて車名もコロナプレミオ、そしてプレミオへ変えることにしたのです。

 2代目の現行プレミオ/アリオンも、2001年に発売された初代プレミオの延長線上にありますが、発売が2007年なのでいまではさすがに設計が古くなりました。各メーカーともにセダンの衰退を以前から把握していたにも関わらず、需要を維持できる有効な手段を講じられなかったのは、結果論ではありますが残念に思います。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る