クラウンじゃ満足できない! イケイケのバブル期に登場した高級サルーン3選

クラウンじゃ満足できない! イケイケのバブル期に登場した高級サルーン3選

のちに「バブル景気」と呼ばれる、1980年代後半から1990年代前半まで続いた未曾有の好景気。そのころ、日本の自動車メーカーは、世界に追いつけ追い越せとばかりに数々の名車を市場に送りました。そんな数ある「バブルカー」のなかから、今回は高級サルーンを紹介します。

3ナンバーの高級サルーンが続々と登場、抜群の人気を誇ったバブル時代

 1988年ごろから1992年ごろまで続いた好景気を、俗に「バブル景気」といいます。

 業績好調の国産自動車メーカーは、世界のクルマに追いつけ追い越せとばかりに、ニューモデルの開発に費用を惜しみなく投資しました。その結果、1980年代前半までの日本車とはまるで比べものにならないくらいクオリティの高いモデルを次々と生み出しました。

 これらは日本市場だけでなく、世界の市場でもヒットしたモデルもありました。高級車市場といえば、当時からメルセデス・ベンツやBMWなどのドイツブランドが席巻していましたが、とくに北米市場で日本車のブランド認知が高まるきっかけになったのも、バブル時代に開発されたさまざまなモデルのおかげです。

 今回は、そんなバブル時代に登場した、国産高級サルーンを紹介します。

●日産「シーマ」(初代、1988年発売)

 日産の初代「シーマ」は、Y31型「セドリック/グロリア(Y31型)」と同じプラットフォームを使用した、3ナンバー専用ボディを持つ4ドアハードトップサルーンです。

 当時はマークII 3兄弟と呼ばれたトヨタ「マークII/クレスタ/チェイサー」など、いわゆるハイソカーと呼ばれるモデルがブームになっていました。

 そうした時代の流れのなか、3ナンバー専用のワイドボディを持つ高級車として登場したのが、初代シーマです。全長4890mm×全幅1790mm×全高1380mmと堂々たるスリーサイズでした。

 エンジンは3リッターV型6気筒。自然吸気の「VG30DE」型とターボの「VE30DET」型の2機種を設定。自然吸気は200馬力、ターボは255馬力を発生していました。

 シーマは、一番安いグレードでも383万5000円、最上級グレードでは500万円を超えるモデルでしたが、時代の流れに乗り大ヒット。「シーマ現象」と呼ばれるブームを巻き起こしました。バブル期を代表する高級サルーンとして知られています。

 シーマは、1991年8月に2代目へフルモデルチェンジされました。ただしバブル景気の崩壊によるその後の不景気などもあり、2代目シーマは初代ほどヒットしませんでした。

 しかしシーマは日産を代表する高級サルーンとして、その後も代を重ねていきます。現在販売されているシーマは、2012年に発売が開始された5代目モデルです。

北米の高級車市場に果敢に挑んだモデルも

●三菱「ディアマンテ」(初代・1990年発売)

 三菱の初代「ディアマンテ」は、三菱初の3ナンバー専用4ドアハードトップサルーンです。

 スペイン語で「ダイヤモンド」の意味を持つ車名であるディアマンテは、その名のとおり三菱(社章は「スリーダイヤ」)を代表する高級サルーンとして登場しました。

 全長4740mm×全幅1775mm×全高1410mmとロー&ワイドなボディで、「小型車の枠を超えたワールドサイズの上級小型車」と謳われたクルマでした。

 このクラスのサルーンは、当時発売されていた80系トヨタ「マークII/クレスタ/チェイサー」も、Y31系日産「セドリック/グロリア」も後輪駆動(FR)でしたが、ディアマンテは前輪駆動(FF)方式を採用、ライバルにない室内のゆとりを生み出しました。

 ディアマンテのヒットを機に、トヨタ「ウィンダム」や日産「セフィーロ」など、FFベースのサルーンが登場します。

 ディアマンテは逆スラントノーズのスタイリッシュな外観も人気でしたが、クラス初のフルタイム4WDシステムや世界初の機能を持ったトラクションコントロールシステム、四輪操舵(4WS)システム、アクティブコントロールサスペンションなど、当時の三菱の技術を余すところなく採用した先進性も人気となった要因でした。

 エンジンは電子制御可変吸気システム付きのV型6気筒で、175馬力を発生する2.5リッターDOHC、210馬力の3リッターDOHC、125馬力の2リッターSOHCの3種類が用意されました。

 発売当時の車両価格は199万8000円から396万6000円。1995年にはフルモデルチェンジされ2代目に進化しましたが、バブル崩壊による景気後退により、販売台数は激減します。2005年には販売終了、ディアマンテの車名は消えてしまいました。

●トヨタ「セルシオ」(初代、1989年発売)

 バブル期の高級サルーンを語る上で、トヨタの初代「セルシオ」の存在もかかせません。

 当時のプレミアムブランド市場は、メルセデス・ベンツやBMWなど、欧州メーカーの独壇場で、日本車はあくまでも大衆車としての立ち位置に過ぎませんでした。

 トヨタは、そんなプレミアムブランド市場に参入するために、アメリカで新たに「レクサス」ブランドを設立します。その最上級モデルとして開発されたのがレクサス「LS400」で、このモデルの日本向け仕様車がトヨタ「セルシオ」です。

 セルシオは、トヨタのフラッグシップとして「ワールドワイドに通用する世界トップレベルのハイパフォーマンス・ラグジュアリーカーの創造」を基本コンセプトとして開発されました。

 LSは、北米マーケットにおいて大ヒット。北米においてレクサスブランドの礎を築きました。高い品質は、その後の世界中の高級車設計にも影響を与えることになり、高級車の新たな標準をつくったとまでいわれました。

 日本においては、最上級グレードの「C Fパッケージ」仕様が620万円と、ドライバーズカーとしては高額なモデルになったのにもかかわらず、こちらもヒットしました。1989−1990年の日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞しています。

※ ※ ※

 そのほか、日産「インフィニティQ45」も、北米市場で立ち上げた高級ブランド「インフィニティ」のフラッグシップモデルとして、ブランド立ち上げ当初に発売されたモデルを日本展開したモデルです。

  全長5090mm×全幅1825mm×全高1430mmとフルサイズのボディは、同時期に日本で登場したセルシオよりも全長で約10cmほど大きいモデルでした。

 バブル期には、高級サルーンだけでなく、当時の技術の粋を集めたスポーツカーや高級クーペが登場しています。いまでは考えられないくらい贅沢な素材やメカニズムを搭載したそれら国産モデルは、その後の世界のクルマづくりに影響を与えたものも少なくありません。

 どのモデルもすでに登場から約30年が経っているため、今回紹介した4台も、中古車市場で程度の良いクルマは多くありません。開発者の熱い魂が詰まったこれらの名車を見ると、イケイケだった当時を思い出す人も多いのではないでしょうか。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る