プジョー「リフター」とどっちが好み? シトロエンの新型MPV「ベルランゴ」日本で発表

プジョー「リフター」とどっちが好み? シトロエンの新型MPV「ベルランゴ」日本で発表

プジョー・シトロエン・ジャポンは、2019年10月18日にシトロエンの新コンセプトMPV「BERLINGO(ベルランゴ)」の特別仕様車、「デビューエディション」を発表、翌19日9時よりオンライン予約注文申し込みの受付を開始します。

兄弟車プジョー「リフター」とともにカングーの牙城を崩せるか

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、2019年10月18日にシトロエンの新コンセプトMPV「ベルランゴ」の特別仕様車、「デビューエディション」を発表、翌19日9時よりオンライン予約注文申し込みの受付を開始します。

 シトロエン「ベルランゴ」は、2018年2月にジュネーブ国際モーターショーで発表されて以来、日本での発売が期待されていたモデルです。同日に発表されたプジョー「リフター」と兄弟車という関係になります。

 正式導入は2020年第3四半期になりますが、それに先立ち「ベルランゴ・デビューエディション」として特別仕様車を先行発売します。

 デリバリーは2020年1月以降順次となります。車両価格は325万円(消費税込)です。

 車両価格が兄弟車であるリフターの336万円に対して、ベルランゴは11万円安い325万円に設定されていますが、これは、リフターに標準装備されるトラクションコントロールの進化版、「アドバンスドグリップコントロール」がベルランゴには未設定だということが大きな理由となります。

 ベルランゴは、全長4403mm×全幅1848mm×全高1844mm、ホイールベース2785mmの2列5名乗りMPVです。両側スライドドアを持つモデルで、シトロエンのデザインコードである2段構えのポジショニングライトとヘッドライト、フォグランプをラウンドしたノーズ部分に配しています。

 またドアの下部には、同じシトロエンの「C4カクタス」「C3」でも搭載されている「エアバンプ」と呼ばれる空気入り衝撃吸収パネルを採用しています。

 搭載されるエンジンは、130馬力/300Nmを発生する1.5リッター直列4気筒ディーゼルターボ。トランスミッションは8速ATを組み合わせます。

 後席ドアは両側スライド式で、リアシートは6:4の分割可倒式。荷室容量は通常時で597リッター、最大で2126リッターにも達します。また5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒せば最大2.7mの長尺ものも積載可能なユーティリティが特徴です。

 リアゲートは、カングーのような観音扉式ではなく下から開くハッチ式です。リアゲートは巨大ですが、テールゲートを開けずにガラスハッチのみ開くため、簡単に荷室へアクセス可能です。

 また、標準で電動サンシェード付きのパノラミックルーフが装備されます。ルーフ部分に収納スペースを用意、フロントルーフには収納トレイ、中央部には最大14リッターまでのバッグを収納可能にした「バッグインルーフ」を備えます。またリアシート頭上後方には容量約60リッターのリアシーリングボックスを配置、ヘッドスペースも有効に使って収納します。

 さらに、先進運転機能も充実してます。30km/hから180km/hで作動するストップ機能付きのアクティブクルーズコントロール、5km/hから80km/hで作動するアクティブセーフティブレーキ、レーンキープアシスト、ブラインドスポットモニター、ハイビームとロービームを自動的に切り替えるインテリジェントハイビーム、道路標識をカメラが読み取りインパネに表示するトラフィックサインインフォメーション、フロント/バックソナーなどを標準装備しています。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る