昭和のヤングにも大流行! 1980年代バブル前夜に人気のあった「ハイソカー」3選

昭和のヤングにも大流行! 1980年代バブル前夜に人気のあった「ハイソカー」3選

1980年代、好景気だったニッポンで、当時のヤング世代は、より高級なクルマを求めるようになりました。そうして起きたのが「ハイソカー」ブームです。当時流行したハイソカーを3種類紹介します。

ハイソサエティ・カーの略が「ハイソカー」

「ハイソカー」とは、1980年代前半から後半にかけて大流行した自動車ジャンルの俗称です。「ハイソサエティ・カー(上流階級向け車種の意味。和製英語)」からくる造語で、自動車雑誌「ホリデーオート」が名づけたといわれています。

 1980年代初頭、日本は世界最大の貿易黒字国になり、好景気が続いていました。それにともないユーザーも、クルマに高級感や先進的な機能を求めるようになっていきました。そうしたなかで流行したのがハイソカーです。

 ハイソカーは、当時としては珍しかったデジタルメーターやターボエンジン、電子制御サスペンションなど、斬新なアイテムを搭載していました。さらに内装も豪華なグレードが流行し、当時の若者が憧れるクルマになりました。

 ハイソカーの起源は諸説ありますが、1980年に発売されたトヨタの初代「クレスタ」がきっかけになったともいわれています。初代クレスタは、トヨタの新販売チャネル「ビスタ店」の開業と同時に、ビスタ店の最上級車種として発売されました。半年後に兄弟車である4代目「マークII」「チェイサー」も登場しています。

 4ドアハードトップのモデルが人気を集めましたが、それだけではなく、4ドアセダンや2ドアクーペのモデルもハイソカーに分類されます。

 当時人気のあったハイソカーを3種6モデルを紹介します。

●トヨタ「クレスタ」「チェイサー」「マークII」(70系)

 トヨタの「マークII」「クレスタ」「チェイサー」は兄弟車で、3車種あわせて「マークII 3兄弟」とも呼ばれています。クレスタはビスタ店、チェイサーはオート店、マークIIはトヨペット店で販売されていました。

 そのなかでも、とくに1984年に発売された「70系」と呼ばれる3モデルが大人気となり、ハイソカーブームに火をつけました。クレスタは2代目、チェイサーは3代目、マークIIは5代目となります。

 2代目クレスタは、そんなマークII 3兄弟のなかでも当時一番人気だったモデルです。サッシュドアを採用した4ドアセダンですが、全高1385mmと低く抑えた端正なスタイリングで、先代から引き継がれた角目4灯ヘッドライトが特徴でした。

 3代目チェイサーは4ドアハードトップのみの展開でした。斜め格子のセンターグリルが印象的なモデルです。

 5代目マークIIは4ドアハードトップ、4ドアセダンが用意され、ステーションワゴンやバンもありました。

 70系クレスタ、チェイサー、マークIIは、TEMS(トヨタ電子制御サスペンション)や4輪ESC、2モードプログレッシブパワーステアリングをオプションで用意するなど、当時としては斬新なメカニズムを持ったクルマでした。さらに、スーパーラグジュアリーシートや世界初のクイックハンドウォーマーなど、インテリアも充実した内容でした。

 1988年にはクレスタ、チェイサー、マークIIとも80系にフルモデルチェンジ。バブル景気の波に乗り、70系以上の販売台数を記録しました。

好景気を背景に高級車が売れた古きよき時代

●日産「セドリック」「グロリア」(Y30系)

 70系マークII 3兄弟に比べると爆発的な人気ではなかったのですが、1983年6月に登場した、Y30系と呼ばれる6代目「セドリック」/7代目「グロリア」も当時ハイソカーブームで人気のあったモデルです。2車をあわせて「セドグロ」と呼ばれていました。

 日産伝統の直列6気筒L型エンジンに代わり、国産量販車としてはじめてV型6気筒エンジンを採用したのがこのモデルになります。4ドアハードトップのほか4ドアセダン、5ドアステーションワゴン/バンと多彩なボディバリエーションがありました。

 1987年にY31系セドリック/グロリアにフルモデルチェンジされましたが、スポーティな「グランツーリスモ」グレードの登場もきっかけとなり、バブルの好景気も手伝って、先代以上のヒットとなりハイソカーブームをけん引しました。

●トヨタ「ソアラ」(Z10型)

 1981年に登場した2ドアパーソナルクーペが初代「ソアラ(Z10型)」です。

 ソアラはトヨタのイメージリーダーとして、先進の技術が詰め込まれた上級スペシャリティカーでした。4輪独立懸架や4輪Vディスクブレーキの採用、2リッターエンジン用2ウェイオーバードライブつき4速ATなど、グランドツーリングカーとしての操縦安定性や快適性を実現するためにさまざまな先進技術が投入されました。

 またインテリアにおいても、デジタルスピードメーターやグラフ表示式タコメーター、ソフトタッチ式のマイコン制御オートエアコン、デジタル任意速度警報装置など、未来感のある装備が満載でした。

 初代ソアラは空前の大ヒットを記録。1986年に発売された2代目(Z20型)も初代のコンセプトを踏襲し、こちらも人気モデルになりました。

※ ※ ※

 ハイソカーと呼ばれて親しまれたクルマには、ほかにも日産「ローレル(C32型)」、日産「レパード(F30系)」、トヨタ「クラウン(12系、13系)」、ホンダ「レジェンド(初代)」、日産「スカイライン(R31系)」などがありましたが、その中心となったのはマークII 3兄弟などのトヨタ車でした。

 バブル景気もあり、80年代後半には各社から高級路線のモデルが続々と登場しましたが、バブル崩壊による景気後退により、ハイソカーブームも終焉を迎えます。

 その後は、世の中がRVブームやミニバンブームに移っていきます。4ドアハードトップや4ドアセダン自体の人気がなくなり販売台数が激減。今回、紹介したモデルの車名はすべて日本で消えています。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る