トヨタ新型「C-HR」何が変わった? デザインと走りでSUV王者へ復活なるか

トヨタ新型「C-HR」何が変わった? デザインと走りでSUV王者へ復活なるか

SUV王者だったトヨタ「C-HR」が2019年10月18日にマイナーチェンジしました。最近は、同じトヨタのSUV「RAV4」やライバルのホンダ「ヴェゼル」などに押されていますが、今回のマイナーチェンジでSUV王者に復活出来るのでしょうか。

C-HRは、マイナーチェンジで何が変わった?

 トヨタのコンパクトSUV「C-HR」は、2019年10月18日にマイナーチェンジをおこないました。今回は、マイナーチェンジ前後で変わった点を紹介していきます。デザイン面の印象が変わった以外にどのような部分が進化したのでしょうか。

 C-HRは、2016年12月に登場し、従来のSUVとは違い、走行性能を重視して開発されました。外観のデザインは個性的で、一部ユーザーからは「ガンダムみたい」ともいわれています。

 今回のマイナーチェンジでは、外観デザインにも手を加えています。フロント部分では、エアインテークを左右に広げ、ワイドスタンスを強調するとともに、フロントフォグランプをエアインテーク上部に配置。

 上位グレードに装着されるヘッドランプは、上部に長く伸びるLEDクリアランスランプをデイライトとターンランプのダブルファンクションとし、リアコンビネーションランプには右左折時に内側から外側へ流れるように点灯する「シーケンシャルターンランプ」を採用しています。

 ボディカラーは、新設定の「エモーショナルレッドII」「オレンジメタリック」など8色を含む全16色を設定しています(モノトーン8色、ツートーン8色)。内装は、新たにオーキッドブランを設定しました。
 
 パワートレインは、これまでと同様に1.8リッターハイブリッドと1.2リッターガソリンターボを設定していますが、1.2リッターガソリンターボのトランスミッションは、従来のCVTに加え、6速MT(iMT)が追加されました。

 安心・安全装備も充実し、プリクラッシュセーフティやレーンデパーチャーアラートなどを含む「Toyota Safety Sense」を全車標準装備。

 さらに、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]やリヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ[後方接近車両])、パノラミックビューモニターなどの安全機能をオプション設定可能とました。

 また、新型「カローラシリーズ」や新型「ヤリス」同様に、ディスプレイオーディオと車載通信機(DCM)を全車標準装備。コネクティッドカーとしてさまざまなサービスが受けられるようになります。

 今回のマイナーチェンジについて、C-HRの担当者は次のように話します。

「C-HRはデビュー当時からデザインと走行性能にこだわっています。今回は、そのこだわりをさらに進化させるべく、外観デザインに手を加えたほか、走りの醍醐味でもあるMT仕様を追加しました。

 また、さらなる走りを期待されるお客さまのために、GAZOORacingがモータスポーツ活動を通じて得たノウハウを生かした『GRスポーツ』を新設定しております」

SUV王者復活へ! C-HRの販売事情とは

 2018年のC-HRの年間販売台数は7万6756台と、SUV販売台数2位のホンダ「ヴェゼル」の5万9629台に対して約1万7000台の差を付けて首位になっています。

 しかし、2019年1月にヴェゼルの1.5リッターターボ車の追加や、同年4月に約3年ぶりの復活をはたしたトヨタ「RAV4」などの影響によって、SUV王者の座から遠のいている状況です。

 C-HRの販売台数が好調だった際、トヨタの販売店スタッフは、次のように話していました。

「トヨタのSUVラインナップでエントリーモデルということもあり、一番購入しやすいというのが大きいと思います。これまでトヨタのSUVラインナップには、『ランドクルーザー(プラド)』、『ハリアー』、販売を終了した『FJクルーザー』など、トヨタブランドSUVは大き目なモデルしかありませんでした。そこにちょうどよいサイズの『C-HR』が登場したというのが、ここ数年のラインナップです。

 このなかで、価格や日本の狭い道路事情を考慮すると『C-HR』が入ってくるのです。お客さまのなかには、『トヨタ』というブランドで購入される方が一定数おります。そのなかで、人気のSUVという部分と条件を合わせると『C-HR』が一番購入しやすいモデルとなります」

 これらのSUVラインナップにRAV4が加わった形となり、当初はC-HRとコンセプトやボディサイズが異なることからユーザーの取り合いにはならないという見解を示していました。

 しかし、実際はRAV4の完成度が予想以上に高かったうえ、RAV4のエントリーグレード(ガソリン車・約265万円から)とC-HRの上位グレード(ガソリン車・約263万円)の価格帯が重なっていたことなどが、C-HRの販売に影響を及ぼしていたようです。

 また、2019年11月5日にはダイハツが開発を主導した新型コンパクトSUV「ライズ」(ダイハツは「ロッキー」)が発売され、サイズやパワートレイン、価格帯などC-HRの下位モデルという立ち位置となります。

 トヨタとしては、人気が続くSUVジャンルの細かなニーズを囲うべく、ライズ、C-HR、RAV4といったSUVラインナップを拡大していますが、C-HR単体で見ると大きな影響があることは予想できます。

 それらの影響を補うためにも今回のマイナーチェンジで、C-HRのこだわりだったデザインと走行性能に手を加えたのではないでしょうか。

 前出の販売店スタッフは、C-HRの販売状況について次のように話します。

「RAV4やライズの登場で少なからずC-HRのお客さまは両車に流れたかとは思います。しかし、コンセプトはそれぞれ異なっていますので、今回のデザインや安全・走行性能などの改良によって、元々C-HRを好むお客さまには良いアピールが出来ると考えています。

 また、RAV4やライズにはGRスポーツの設定がないことから走りを好む人やGRブランドが好きな人などには、ご案内しています。また、GR-スポーツ以外にも純正用品も出てきましたので、自分好みにカスタムする楽しみは増えたと思っています」

※ ※ ※

 最近の国内市場には、さまざまなSUVモデルが登場しています。そのなかで、売れるモデルとして君臨するには、個性をいかに際立たせるかが重要になってきます。
 
 C-HRは当初から個性が際立っているモデルです。そのため、その個性をさらに磨くことでSUV王者への復活も期待できるかもしれません。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る