なぜ人気続く? ホンダ小型ワゴン「シャトル」が3年も売れ行き好調な理由とは

なぜ人気続く? ホンダ小型ワゴン「シャトル」が3年も売れ行き好調な理由とは

近年の国内新車市場で縮小傾向にあるといわれているステーションワゴンですが、ホンダの小型ステーションワゴン「シャトル」は、安定した販売実績を直近の2年間で保っています。シャトルはなぜ人気を維持し続けられているのでしょうか。

なぜ人気が続く? 堅調な販売をみせるホンダのワゴン

 1990年代のRVブームの頃に人気だったステーションワゴンは、ミニバンやSUVなどの台頭を理由に国産自動車メーカーのラインナップから徐々に姿を消しつつあり、なかには日産をはじめ2019年11月現在ステーションワゴンを販売していないメーカーも存在します。

 そんななか、ホンダの小型ステーションワゴン「シャトル」は堅調な売り上げを維持しているというのですが、いったいなぜなのでしょうか。

 日本自動車販売協会連合会(以下、自販連)が発表した2019年上半期(1月から6月)の登録車販売ランキングによると、シャトルは半年間で1万3892台を売り上げ、総合34位にラインクインしています。

 この順位は、モデル内にほかのボディタイプを持たないステーションワゴン単体の車種としては最上位です。

 また、シャトルは2015年5月に発売されたモデルですが、翌2016年の販売台数は年間4万2514台、2017年は年間2万8111台、2018年は2万8789台となっています。

 発売直後の高い人気は一般的であるとしても、2017年から2019年上半期(2万7784台/年のペース)にかけて、いずれの時期においても安定した売れ行きとなっていることが特徴的です。

 シャトルの売れ行きが好調な理由について、ホンダの広報担当者は次のように話します。

「詳細な理由については我々もわかりかねる状況なのですが、考えられる要因のひとつとしてはシャトルと同じ車格のステーションワゴンが市場で少ないことが挙げられます」

※ ※ ※

 シャトルのボディは全長4440mm×全幅1695mm×全高1545mm(2WDモデル)と、現行モデル以外のステーションワゴンと比べても比較的小さいサイズです。

 2019年11月現在、ステーションワゴンをラインナップする国産自動車メーカーはトヨタ、マツダ、スバルなどが挙げられますが、ほとんどのモデルがシャトルよりひとまわり大きなボディを持ちます。

 唯一、現行モデルでシャトルよりサイズが小さいステーションワゴンとして、2012年に発売された全長4400mm×全幅1695mm×全高1475mm(2WDモデル)のボディを持つトヨタ「カローラフィールダー」があります。

 しかし、カローラシリーズのステーションワゴンのモデルとしては、新型となる「カローラツーリング」が2019年9月に発売されていることから、カローラフィールダーはあくまで併売という形でラインナップされており、商品力が落ちています。

 一方、シャトルはカローラフィールダーと比較すると発売された年が新しいだけでなく、2019年5月には内外装の変更を伴う大規模なマイナーチェンジを受けました。

 見た目がより洗練されたほか、運転支援システムの「ホンダセンシング」にオートハイビーム機能を追加して性能を強化しています。

 その成果もあり、マイナーチェンジ後の販売台数では、2019年8月に対前年同月比で378.4%を記録しました。

 ステーションワゴンを求めるニーズは、2019年現在においても確実に存在し、そのなかで商品力の向上に力を入れ続けてきたからこそ、シャトルの売れ行きが安定し続けていたのだといえます。

シャトルに強敵現る! 「カローラツーリング」は何が凄い?

 マイナーチェンジがひとまず成功したシャトルですが、同車の今後の売れ行きに影響を及ぼしかねない強力なライバル車が2019年9月に発売されました。それが、前出のカローラツーリングです。

 ステーションワゴンタイプのカローラツーリングは、セダンタイプとともに2012年以来7年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けて発売されたモデルです。

 クルマの基本性能を向上させるTNGAプラットフォームの採用や、デザインをスポーティに全面刷新するなど、先代モデルのカローラフィールダーから大きく進化しています。

 カローラツーリングの日本デビューで注目されたのが、ボディサイズです。カローラツーリングは、日本市場よりも先に海外市場で先行投入されていたものの、海外で販売されるグローバルモデルのボディサイズは、全長4650mm×全幅1790mm×全高1460mmと、前出のカローラフィールダーよりはるかに大きな全長、全幅となっていました。

 しかし、トヨタはカローラツーリングの国内投入にあたって日本専用ボディを開発。ホイールベース(前後タイヤの間隔)を60mm短くした2460mmに設定するなど、大掛かりな変更を加えたことで、全長は4495mm、全幅は1745mmにまでコンパクト化されました。

 シャトルと比較すると、全長は55mm差まで迫ったもののやはりシャトルの方が短く、全幅に関してはシャトルが5ナンバーサイズであるのに対し、カローラツーリングは3ナンバーサイズと、ここにおいても差があるかたちとなっています。

 カローラツーリングの発表当時、ユーザーの間ではフルモデルチェンジで3ナンバー化したことについて、取り回しの良さが損なわれることなどから、売れ行きについて懸念の声が上がりました。

 しかし、2019年10月に発表された発売後1か月間の受注状況を見ると、カローラツーリングは約1万3700台の受注を記録。発売直後でとくに注目度が高くなっていることを考慮しても、3ナンバー化したボディが市場から受け入れられたことを示しました。

 トヨタはフルモデルチェンジしたカローラについて、「スポーティな外装や上質な走りと乗り心地が好評点となっています」と説明します。

 ※ ※ ※

 自販連の新車販売ランキングにおいてカローラツーリングは、セダンタイプの「カローラ」やハッチバックの「カローラスポーツ」などのほかのモデルとまとめたカローラシリーズとして集計されます。

 複数モデルを持つカローラと単一のシャトルということもあり、ランキング順位において2台が争うことは考えにくいですが、シャトルのターゲットユーザーがカローラツーリングに流れることで、シャトルの売れ行きに影響をもたらす可能性は十分にあるといえるでしょう。

 数少ない小型ステーションワゴンのなかで、シャトルの売れ行きがどう変化するのか注目です。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る