レクサス初のEV「UX300e」世界初公開! 2021年前半の日本導入前に最速試乗!

レクサス初のEV「UX300e」世界初公開! 2021年前半の日本導入前に最速試乗!

レクサスとして初めてのEV「UX300e」が、広州モーターショー2019で世界初公開されました。ベースとなったのは同ブランドでもっともコンパクトなSUV「UX」で、2020年冬に日本で発売される予定です。ひと足お先にUX300eのプロトタイプモデルを試乗したのですが、いったいどのようなクルマに仕上がっているのでしょうか。

いよいよレクサスもEVに参入!「UX」がベースに

 2019年でブランド発足30周年を迎えるレクサス。プレミアムブランドのなかではいち早く「電動化」を進めており、主要モデルにはハイブリッドが設定されています。

 今後の目標は2025年までに全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリン車を上回ることです。もちろんその先にあるPHVやEVの期待も高まっています。

 そんななか、2019年11月22日に中国でおこなわれた広州モーターショー2019で、レクサス初のEVとなる「UX300e」が世界初公開されました。

 車名の通り、レクサスのクロスオーバーシリーズの末っ子となる「UX」をベースにしていますが、外観の違いは給電口が追加されたくらいで、EVであることを全面にアピールはしていません。

 内装もベース車との差異はわずかで、メーター内の表示や電気式シフトレバーがEV仕様となる程度です。

 レクサスとしては、EVは特別なモデルではなく、あくまでもパワートレインの追加というイメージなのでしょう。

 パワートレインは、FCVの「MIRAI」と同じユニットで、150kW/300Nmを発揮するモーターを搭載。ホイールベース内に設置されるパナソニック製バッテリーの容量は53.4kWhです。

 後席に乗ると、ヒップポイントはそのままで足元が少しだけ高くなっていますが、それ以外の居住性や積載性はガソリン/ハイブリッドと同じと考えていいでしょう。航続距離はNEDC(新欧州ドライビングサイクル)で400kmとなっています。

 筆者(山本シンヤ)は、短時間ですが一足お先にプロトタイプを試乗することができました。UX300eは、どのようなモデルなのでしょうか。

 まずEVの「アクセルレスポンス」「高応答」「高精度」の良さは、走りはじめから体感できるのですが、ほかのEVのようにアクセルを踏んだ瞬間からグッと湧き出る強烈なトルクではなく、アクセル操作に合わせた自然な特性で、初代「LS」のように物凄く静かでスムーズで滑らかな内燃機関のような特性です。

 マツダの電動化技術検証車(e-TPV)と良く似ており、UX300eは良い意味でEVらしくないのです。ただし、実際のパフォーマンスは、0-100km/h加速は7秒台、最高速度は160km/hと絶対的な動力性能もまずまずでしょう。

 ブレーキフィールはタッチを含めて非常に自然です。パドルを用いて回生ブレーキの効きの調整も可能ですが、日産「リーフ」のようにワンペダルドライブで完全停止まではしません。このあたりは、各メーカーの思想の違いが表れているといえます。

電動化のメリットを活かしてレクサスが目指す走りを実現

 一般的に、EVは無音で走行すると思われているものの、実際にはさまざまなノイズが聞こえるのですが、UX300eはインバーター音や風切音、ロードノイズなどを最小限に抑えています。これはベース車の静粛性の高さに加え、徹底したノイズクリーニングの効果だといいます。

 ただし、ドライビングモードを「スポーツ」に切り替えると、ASC(アクティブサウンドコントロール)を用いてアクセル操作に合わせてインバーター音をより強調させたサウンドを奏でます。

 足回りは、バッテリー搭載に合わせて剛性アップがおこなわれたボディに、重量増や前後重量配分変更に合わせた専用サスペンション、そしてベース車とは異なる非ランフラットタイヤを採用しています。なお、今回の試乗車のタイヤは、17インチのミシュラン・プライマシー3が装着されていました。

 元々UXは足を硬めてスポーティにするのではなく、足を動かしながら正確にクルマを動かすといった、基本素性の良さを活かす「内に秘めたスポーティさ」が特徴でした。

 EVモデルのUX300eは、その良さを継承しながらも、挙動変化はやや穏やかに感じました。ただ、前後重量配分の適正化や重心も下がったことで、ロール感が減ったうえに4つのタイヤをより効果的に使えている印象で、じつは意外とコーナリングマシンに仕上がっています。

 乗り心地に関しては、重量増がいい方向に働いているのと非ランフラットタイヤの採用、より緻密になった加減速ピッチ制御も相まって、兄貴分の「NX」や「RX」はもちろん、「LS」「LC」も超えているのではないかと思ってしまうくらいの動的質感を備えているのには正直ビックリしました。

 総じていうと、UX300eは単なる電動化モデルではなく、電動化のメリットを活かすことでレクサスが目指している「スッキリと奥深い走り」をより精緻に体現したモデルだと感じました。

「電動化でクルマは白モノ家電化する」という人もいますが、電動化でメーカーの色はよりハッキリ明確になるのではないかと筆者は考えています。

※ ※ ※

 UX300eは、中国で2020年春から先行発売されるのを皮切りに、欧州では2020年夏ごろ、そして日本では2021年前半の発売を予定しているそうです。

 そうなると、UX300eの日本導入に合わせて、レクサスディーラーにも急速充電器や普通充電器の設置もおこなわれるでしょう。ちなみに生産は「レクサス専用工場」といわれるトヨタ自動車九州でおこなわれます。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る