冬の車内、仮眠や車中泊をする際に暖をとるため、エンジンをかけっぱなしにしても良いのか気になる人も多いのではないでしょうか。今回は、冬の車中泊におけるポイントを紹介します。

「エンジンかけっぱなし」に潜む危険や、対策グッズは?

 冬の車内、仮眠や車中泊をする際に暖をとるため、エンジンをかけっぱなしにしても良いのか気になる人も多いのではないでしょうか。

 冬場の車内温度は、エンジンを切った状態ではまともに眠ることができないほど冷え込みます。しかし、エンジンをかけっぱなしにする行為には多くの危険が潜んでいるようです。冬の車中泊におけるポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。

 車中泊というと旅行のイメージがありますが、冬の車中泊は旅先だけとは限りません。事故や大雪などの影響で長時間足止めをされてしまった場合、車内で夜を越すというケースも考えられます。

 旅先の車中泊とは違い、その場を動くことができないどころか、どれくらいの時間足止めされるのかもわかりません。しかし、エンジンをかけっぱなしの車中泊には気付きにくい危険が潜んでいます。

 まず、もっとも危険なのが「一酸化炭素中毒」です。車内に排気ガスが進入することで酸素が確保できず一酸化炭素中毒になり、最悪の場合は死亡事故に繋がる危険なトラブルです。

 車内に排気ガスが侵入してしまう原因には、整備不良などでマフラーの途中からガスが漏れ出し車内に侵入する場合や、マフラーの出口が大雪でふさがり正常に排気がおこなえずエンジン側に逆流する、などが挙げられています。

 これは日常点検をおこなったり、こまめにマフラー周りの雪を除雪することで防ぐことが可能です。

 次に、飛行機などでみられる「エコノミー症候群」も起こり得えます。長時間足を曲げた姿勢でいると血液の流れが悪くなり、血管内に「血栓」ができ、足や膝に腫れや痛みが出るほか、血栓が肺にまで達してしまうと、最悪の場合は命を落とす危険もあります。

 対策方法は、「足を伸ばしたまま座る」、「横になれる広さがあれば足を伸ばして横に寝る」などです。どうしても足を曲げなければならない状況であれば、定期的に外に出て散歩をしたりストレッチをすることで、血行が良くなり予防することもできます。なお、外気温が低い場合は、しっかり防寒具を着用してから外に出ましょう。

 また、「アイドリング状態によるトラブル」にも注意が必要です。

 旅先での車中泊となると、道の駅や公共の駐車場が考えられます。アイドリングが禁止されている駐車場では、たとえ少しの時間でも騒音や環境の関係から注意されるケースがあり、場合によってはトラブルまで発展することもあります。

 アイドリングストップが推奨されている施設には駐車場付近に看板などが設置してあるので、事前に確認するのが大切です。

 また、車中泊が禁止されている駐車場もあり、車中泊をする際は確実に車中泊が可能な駐車場をあらかじめ探しておくことが大切です。

冬の車内は、エンジンを切ってからどれぐらいで温度が下がる?

 冬の車内はどれほど温度が下がるのでしょうか。全国でロードサービスを展開するJAFは「冬場のエンジンを止めた状態の車内温度」を検証したテストをおこなっています。

 実験の内容は、午後11時から午前7時までの8時間で、「防寒対策をするとしないのでどれほど寒さが違うのか」という内容です。

 テスト開始時の外気温は-10.2度、テスト直前までは車内温度を25度にし、エンジン停止後テストを開始します。

 何も対策しない状態では30分で足先の感覚が鈍くなるほど冷え込み、テスト開始から2時間45分でギブアップとなりました。その際の外気温は-11.1度、車内温度1.8度まで低下しています。

 エマージェンシーシート(緊急時の体温保持のためのアルミシート)を使用した場合は、シートのかかっていない足先や顏が冷え込み、テスト開始から5時間27分後にギブアップとなりました。その際の外気温は-12度、車内温度は-3.9度とマイナス気温まで冷え込んでいます。

 毛布と使い捨てカイロまたは寝袋で防寒対策した場合でも、朝方の寒さに耐えるのが精いっぱいとのことで8時間は耐えられたものの、最終的な外気温は-12.9度、車内温度は-7度となりました。

※ ※ ※

 外気温が低い場合、エンジンを切ってから30分でほとんどの暖かさは失われ、8時間ともなれば外気温に近い温度となってしまうのです。

 1時間から2時間ほどの仮眠であっても油断は禁物、冬にエンジンを切った車内で長時間過ごす場合は、防寒対策を念入りにおこないましょう。

 では、エンジンをかけっぱなしにできない場合、寒さ対策をするのはどうすれば良いのでしょうか。ここで、冬の車内において大活躍間違いなしの防寒グッズを3つ紹介します。

 まず、車内温度を下げないためには「車種別のマルチシェード」が効果的です。外気はガラスから直接伝わりやすいため、全てのガラスを覆うことで車内温度を少しでも保つことができます。

 カーテンやサンシェードなどもある程度の効果がみられますが、生地が薄く隙間ができるため長時間の保温には期待できません。

 車種別に専用設計されたマルチシェードは隙間なくカバーできるので、オススメです。また、外から覗かれないというプライベート保護グッズとしても使えます。

 次に、「登山用の寝袋」もオススメです。ホームセンターなどで売られている寝袋でも寒さをしのぐことができますが、本格的な登山・キャンプ用品のなかには、マイナス気温でも快適に眠ることができる寝袋があります。価格は少し高めですが、快適な車中泊をするのであればぜひ用意しておきたいアイテムです。

 さらに、「ポータブルバッテリー」は、クルマのエンジンをかけずに車中泊をする場合にとても便利なアイテムです。大容量のものであれば電気毛布を数時間使用可能なほか、また電気ケトルでお湯を沸かすこともできます。エンジンをかけずに電源を使用できるのでオススメです。

 冬は、最高の雪景色を提供してくれる季節でもあります。冬の車中泊は危険が多く潜んでいますが、正しい知識と便利なグッズを備えることで、快適・安全に過ごすことができます。旅行の際は事前の準備をしっかりおこなうようにしましょう。