2019年9月に日本で発売された新型「カローラ」にGRスポーツ仕様が存在? さらに、人気コンパクトSUV「C-HR」にニュルブルクリンク仕様も! なぜタイでは日本にないスポーティなモデルが多いのでしょうか。

日本に無いGRやニュル仕様が存在する理由

 海外には、日本にラインナップされていないモデルが数多く存在します。そんななかで、タイのモータショーには日本の新型「カローラ」とは別の市販モデルとして、あるセダンが展示されていました。

 その名は「カローラアルティスGRスポーツ」。アルティスというのはカローラのサブネームで、タイのカローラでは従来から継続しているものですが、興味深いのは「GRスポーツ」が登場したということです。

 GRはトヨタのスポーツブランドで、現時点では日本で新型カローラでのGRモデルはラインナップされていません。それが、タイでは新型のデビューと同時に用意されています。

 このカローラアルティスGRスポーツは、専用デザインのフロントグリル&バンパー、サイドスカート、リアスポイラー、リアバンパー、そして17インチアルミホイールを装着。

 しかしながら、日本でラインナップされているGRスポーツの外装デザインとはテイストが異なり、レーシーというよりもスポーティながらエレガントな雰囲気です。つまり日本のGRスポーツとは異なる独自路線ということでしょう。

 もうひとつの異なる部分は、パワートレインが標準車とは異なること。日本で用意しているGRスポーツのエンジンはどれもベース車と同じ(パワートレインの異なる車両は「GRMN」という扱い)ですが、タイのカローラアルティスGRスポーツは、通常のガソリン車(排気量1.6リッター)よりもひとまわり大きな1.8リッターエンジンを積んでパワーが増しているのです。

 一方で、日本のGRスポーツがこだわっているボディ補強やサスペンションチューニングは、とくに装備メニューに記載されておらず、操縦安定性に関しては標準仕様と同等だといいます。

 すなわち、日本で売っている「スタイリングと操縦性」ではなく、「スタイリングと動力性能」がタイのGRスポーツの方向性といっていいでしょう。

 トヨタモータータイランドによると「カローラアルティスGRスポーツは、タイのトヨタGAZOOレーシングのもとで開発された最初のモデル」とのこと。開発の手法も日本のGRチームによるものとは異なるようです。

 タイにはクルマ好きが多く、モータースポーツも盛んなため、トヨタモータータイランドは、タイ国内のレースに出場するだけではなく、タイ独自のチーム(トヨタGAZOOレーシングチーム・タイランド)としてドイツのニュルブルクリンクで開催されるニュル24時間耐久レースに参加するほど活動が活発なので、2018年はカローラアルティスでニュル24時間耐久レースに参戦しました。

 トヨタモータータイランドはカローラアルティスGRスポーツについて「サーキットのレーシングスピリットをロードモデルへ活かした」と説明しています。

C-HRのニュル仕様ってどんなクルマ?

 トヨタブースには、もう一台の興味深いモデルもありました。その名は「C-HR ニュルブルクリンク」。日本でも人気のクロスオーバーSUVであるC-HRにいわゆる「ニュル仕様」が設定されているのです。

 ニュル仕様のC-HRについて、トヨタモータータイランドは次のように話します。

 「トヨタGAZOOレーシングチーム・タイランドのC-HRは、ドイツのADACニュルブルクリンク24時間レースニュルブルクリンク2019で合計8687以上のカーブを抜け、3300km以上の距離を走ってSP3クラス3位を獲得しました。そのC-HRにインスパイアされたモデルで、ユーザーのライフスタイルを刺激します」

 ただし、このC-HRニュルブルクリンクは、走行性能に特別なチューニングは施されておらず、メカニズムは標準車に準じたもの。フロント、サイド、そしてリアのスポイラーと特別なデカールを組み合わせた「特別なエクステリアの装飾」として9000バーツ(約3万3000円)の追加パッケージで用意されるそうです。

 ちなみに、現地で販売されているC-HRのガソリン車のエンジンは日本(1.2リッターターボ)とは異なり、1.8リッター自然吸気。日本と同じハイブリッドモデルも選べます。

 ニュルブルクリンクという名前のエアロ仕様の登場にはどんな背景があるのでしょうか。

 じつは、タイの人たちはエアロ仕様が大好き。操縦性ではなく見た目をカスタマイズした「カローラアルティスGRスポーツ」や「C-HRニュルブルクリンク」は、そんなタイの国民性が表れているモデルといえるのです。

 タイの人がどのくらいエアロ仕様が好きかといえば、バンコクの街中でタクシーのフルエアロ仕様を頻繁に見かけるくらい、といえば理解できるでしょうか。

 法人タクシーまでフルエアロ化するなんて、現地を訪れたことのない人には理解できない状況だかもしれません。しかしクルマが好きでドレスアップを楽しむ情熱は、日本の上をいっているといえるでしょう。