国内で市販される乗用車のなかで、その年にもっとも優れたクルマを選出する「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」にトヨタ「RAV4」が選出されました。

トヨタが「プリウス」以来となる日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得

 今年のクルマにふさわしい1台を決める「第40回2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、トヨタのSUV「RAV4」が選ばれました。

 トヨタ車が日本カー・オブ・ザ・イヤーに選出されるのは、「第30回2009-2010日本カー・オブ・ザ・イヤー」の3代目「プリウス」以来、10年ぶりとなります。

 2019年12月6日に、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が東京国際交流館で開催され、RAV4をはじめとした各賞が決定されました。

※ ※ ※

 イヤーカーと各部門賞を受賞したクルマは、以下の通りです。

●2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー トヨタ「RAV4」

 2019年4月に日本で発売されたミドルサイズのSUVです。日本市場では3年ぶりの復活となるモデルで、トヨタが採用をすすめるTNGAの技術が多数取り入れられているほか、世界初の機構を持つ「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用しています。

 日本自動車販売協会連合会の発表する2019年上半期(4月から9月)の販売台数ランキングで、SUVにおいて首位を獲得しました。

●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー BMW「3シリーズセダン」

 2019年3月に新型モデルが国内導入されたFRセダンです。エンジンは、3リッター直列6気筒ガソリンや2リッター直列4気筒ディーゼル、出力違いの2リッター直列4気筒ガソリンが搭載されます。

「運転支援システム」や「インテリジェント・パーソナル・アシスト」など、先進装備が多数用意されている点も特徴です。

●部門賞

・イノベーション部門賞 日産「スカイライン」

・エモーショナル部門賞 ジープ「ラングラー」

・スモールモビリティ部門賞 日産「デイズ」/三菱「eKクロス」「eKワゴン」 

●実行委員会特別賞

 該当なし

※ ※ ※

 なお、前回および前々回はスウェーデンの自動車メーカーであるボルボのモデルが2年連続で日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことから、日本車の受賞は3年ぶりとなります。

 RAV4のチーフエンジニアを務めた佐伯禎一氏は、今回の受賞を受けて次のようにコメントします。

「まず最初に、10ベストカーとしてトヨタ『カローラ』にも点を入れていただいたことを感謝しています。

 ミッドサイズビークルカンパニー(トヨタの社内カンパニー)のなかで、RAV4とカローラというふたつのクルマが競い合うことは大変きついことでして、トヨタのなかで各自が競い合って『良いクルマをつくろうよ』としていることは良い反面、こういった場所では少しつらいです。

 カローラにも評価をいただきまして、ありがたく感じております。

 2019年4月にRAV4を発売した前後、色々な人と話をしながら、私自身も勉強させていただきました。

 なかには良いアドバイスもあれば辛口のコメントもありましたが、そうしたなかで、これはRAV4の良し悪しだけではなく、『もっとトヨタ頑張れよ』というような、ここにおられる皆様の想いや期待を、改めて感じました。

 大切なことは、RAV4だけでなく、トヨタだけでなく、ものづくりをおこなう我々が『もっといいクルマ』をつくる、そして皆様に『最近頑張っているな』と感じていただくことだ、というように思い、勇気をいただいたわけであります。

 改めて、トヨタだけでなく、日本の自動車メーカーも含めて、頑張ってまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました」

※ ※ ※

 2019年11月7日に選出された、「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」の10ベストカーは以下のとおりです。

・ダイハツ「タント」「タント カスタム」

・トヨタ「カローラ」「カローラ ツーリング」

・トヨタ「RAV4」

・日産「デイズ」/三菱自動車「eKクロス」「eKワゴン」

・ホンダ「N-WGN」「N-WGN カスタム」

・マツダ「MAZDA3」

・BMW「3シリーズ セダン」

・ジャガー「I-PACE」

・ジープ「ラングラー」

・メルセデス・ベンツ「Aクラス」「Aクラス セダン」