2020年1月10日から12日にかけて開催されたカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」では、発売前の新型「フィット」のカスタマイズモデルが2台展示されていました。発売前に公開された2台の詳細とは、どのようなものなのでしょうか。

新型「フィット」の新たなスポーティ仕様!? 開発中の「Modulo X」とは

 2020年1月10日から12日まで千葉県・幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」のホンダブースには、2台の新型「フィット」が展示されていました。しかし、新型フィットはまだ発売どころか正式発表もされていません。

 そんななかで、ホンダブース内に展示された新型フィットのカスタマイズモデルには、どのような期待が込められているのでしょうか。

 じつは、そのうちの1台「フィット Modulo X コンセプト」は純粋なカスタマイズカーではありません。

 なぜなら、「ステップワゴン」や「ヴェゼル」で展開している「Modulo X(モデューロ・エックス)」と同様に、カタログに掲載されたうえで、標準モデル同様に生産ラインで作られ、完成車販売されるコンプリートモデルだからです。

 つまり、新型フィットの“ひとつのグレード”といった立ち位置として用意されるのです。

 開発は、ほかのModulo Xと同じく、ホンダの純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスが担当。

 上級装備を備えたグレードの「LUXE(リュクス)」をベースとしますが、専用の前後バンパー、フロントグリル、アルミホイールなどを装着し、ルーフやドアミラーもブラック化しているのでスタイリングは大きく異なります。

 また専用の味付けを施したサスペンションも装着され、走行性能が一段と高められているのも特徴といえるでしょう。

 ホンダの説明員は、フィット Modulo X コンセプトについて次のように説明します。

「新型フィットのModulo Xは現在開発中で、スポーティかつ上質なポジションを目指しているのは、ほかのModulo Xと同様です。

 新型フィットはこれまでと違って『RS』のようなスポーティグレードがないので、Modulo Xはその役割も担うことになるのではないでしょうか。

 ただし、フィットというキャラクターを考えて、走りの味付けは快適性に十分な配慮をしながら開発を進めているところです。

 開発はまだ途中なので、市販化には時間がかかりそうですね。スタイリングに関しては完成ではなく、これから変わる可能性もあります」

※ ※ ※

 新型フィットの発売自体は2020年2月が予定されていますが、Modulo Xが追加されるのは「早くても2020年の秋以降になるのではないか」とのことでした。

 また、新型フィットのModulo Xにおいて注目すべきは開発のタイミングです。これまで発売された車種におけるModulo Xの開発は、標準車が発売されてからスタートしていました。

 対して新型フィットでは、まだ標準車が発売する前の段階からスタートしているのが大きな違いであり、これはホンダ内においてModulo Xのポジションが高まっていることの表れと考えられます。

 一方、パーツ単体でのリリースとなる「無限」の新型フィットは、2タイプの提案がされました。

「Dash(ダッシュ)」と呼ぶタイプは、無限らしいレーシーな雰囲気を重視したもの。大胆なデザインのフロントバンパーなどでスポーティさを強調し、ホットハッチと呼ぶにふさわしい雰囲気を手に入れています。ちなみにAピラー下(フロントフェンダー上部)のエアアウトレットのようなものは、立体的に見せているステッカーです。

「Skip(スキップ)」というタイプは、ダッシュよりも気軽にドレスアップする人に向けた提案。

 説明員によると「そこまでアグレッシブな雰囲気は求めないけれど、アクティブな日常を送る人に向けたデザイン」とのことで、フロントバンパー下に装着するスポイラーなど、手軽かつアクセントになるパーツで構成します。

 カタログモデルとして設定されるModulo Xも、パーツ販売される無限のDashやSkipも、共通するのはスポーティな雰囲気です。

 新型フィットは通常のグレードからスポーツモデルの「RS」が消えたことが話題になっていますが、ホンダアクセスや無限などメーカー系のブランドによる提案からは「スポーティなフィットを求める人に積極的にアピールしたい」という強い意気込みを感じました。