トヨタモビリティ東京は、トヨタ「ハイラックス」の特別仕様車「HILUX GRG Concept」を20台限定で発売すると発表しました。GRを冠したスポーティなハイラックスとは、どのようなクルマなのでしょうか。

専用パーツでよりスポーティに! 「GRハイラックス」の詳細とは

 東京都内のトヨタディーラー運営などを手掛けるトヨタモビリティ東京は、トヨタ「ハイラックス」のGRガレージ特別仕様車「HILUX GRG Concept」(ハイラックスGRGコンセプト)を2020年1月10日に20台限定で発売しました。

 トヨタのスポーティブランド「GR」を冠した特別なハイラックスは、通常仕様のハイラックスとどのような点が違うのでしょうか。

 今回発表されたハイラックスGRGコンセプトは、特別仕様車「Z “Black Rally Edition”」をベースに、トヨタモビリティ東京が製作したモデルです。

 外装には、デッキバーやフォグランプベゼル、専用エンブレム・デカールなどの専用パーツを装備。ボディの随所にGRブランドをイメージさせる赤の差し色が配され、スポーティ感が高まっています。

 また、内装のスタートスイッチもGR仕様となるほか、スマートキーもGRのロゴ付きの専用品となっています。

 なお、ハイラックスGRGコンセプトは、2020年1月10日から12日に開催された「東京オートサロン2020」でも展示されましたが、この際展示車両に施されていたボンネットカーボンラッピングは、別途オプションとなっているほか、ベース車両はアルゼンチントヨタ製のハイラックスだったため、実際のモデルとは一部異なるということです。

※ ※ ※

 ハイラックスGRGコンセプトの限定台数は、ボディカラーごとに「スーパーホワイトII」仕様と「アティチュードブラックマイカ」仕様が各10台ずつの合計20台で、売り切れ次第販売は終了します。車両価格(消費税込)は456万円です。

 各専用パーツは、2020年2月中旬以降に単体での販売も予定されています。