トヨタヨーロッパは、2020年1月14日に新型コンパクトSUVを欧州市場に導入する計画を発表しました。続出と各社から登場するBセグメントSUVモデルに対抗するモデルとして、新型「ヤリス」と同じプラットフォームを用いたエントリーモデルとなるSUVを近い将来に発売するようです。いったい、どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型コンパクトSUVを発表!

 トヨタヨーロッパは、2020年1月14日(現地時間)に、同社コンパクトカー新型「ヤリス」に採用されたGA-Bプラットフォームを用いて、新型コンパクトSUVを欧州市場に導入する計画を発表しました。

 新しいコンパクトSUVの名前やパッケージ、金額、導入のタイミングなどは、将来発表される予定です。今回は、今後登場する予定の新型コンパクトSUVのシルエットだけがお披露目されました。

 新型コンパクトSUVは、新開発のGA-Bプラットフォームの柔軟性のおかげで、異なる幅、長さ、ホイールベースまたは高さの車両を開発することができるといいます。

 現在の欧州市場で販売されているトヨタブランドのSUVは、「C-HR」、「RAV4」、「ハイランダー」、「ランドクルーザー」、「ハイラックス」です。

 今回の新型コンパクトSUVは、C-HRよりもコンパクトなサイズと予想され、トヨタのSUVラインナップにおいて、欧州市場でのエントリーモデルとなるようです。

 また、日本や欧州の自動車メーカーには、今回の新型コンパクトSUVと競合するBセグメントサイズのSUVモデルが多く登場していることから、同セグメントを補うモデルとして投入するとみられます。

 トヨタ・モーター・ヨーロッパのエグゼクティブ・バイス・プレジデントのマット・ハリソン氏は次のようにコメントしています。

「このモデルはヨーロッパでのヤリスの成功に追加され、これらの車両が2025年までにヨーロッパでのトヨタ販売台数の約30%を占めると予想されます。

 また、新型コンパクトSUVの最終的なデザインを見るのに長く待つ必要はありません。これは、ボディクラッディングとレイズドサスペンションを備えたヤリスだけでなく、コンパクトでダイナミックなデザインと独自の個性を備えたまったく新しい特徴的なBセグメントSUVモデルであることがわかります」

※ ※ ※

 この新型コンパクトSUVは、欧州市場で販売されるヤリスと同じくフランスのバレンシエンヌ近くのオナインにあるトヨタモーターマニュファクチャリングフランス(TMMF)で製造されます。