かつて「大衆車」と呼ばれた日産のコンパクトカーに搭載されたエンジンといえば、A型です。いまでは見かけなくなったOHVエンジンながら軽快に吹け上がり、当時はモータースポーツでも活躍しました。そこで、日産のA型エンジン搭載車を5車種ピックアップして紹介します。

日本のモータリゼーションを加速させた日産の「A型」エンジン

 自家用車の普及と高速道路網の整備が加速した1960年代に、さらなる自家用車の普及を狙った日産は、1リッターエンジンを開発。低価格のエントリーモデルであるダットサン「サニー」に搭載し、1966年に発売しました。

 サニーに搭載された「A型」エンジンはオーソドックスなOHVエンジンでしたが、軽量でコンパクトに仕立てられていたことや、本来、高回転が苦手なOHVを、プッシュロッドの短縮などにより軽快に吹け上がる高回転型に改良したという特徴があります。

 その後も排気量を拡大し、排出ガス規制にも対応させながら長きに渡って生産された、日産の名機「A型」エンジンを搭載したクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

●初代サニー(B10型)【A10型】

 1966年に日産は、最大のライバルであるトヨタ「パブリカ」よりも1クラス上となるFRコンパクトカー、初代ダットサン「サニー」を発売しました。

 搭載されたエンジンは新開発の1リッター4気筒OHV「A10型」で、ボア73mm×ストローク59mmとし、当時の自動車用エンジンの主流だった、吸気ポートと排気ポートが隣接するターンフローのシリンダーヘッドが採用されました。

 ターンフローはシリンダーヘッドを小型化できることと、排気熱でキャブレターの霧化を促進でき、低回転域でのトルクを向上させられるメリットがあります。

 初代サニーは当初、2ドアセダンのトランスミッションは3速MT車のみでしたが、翌年には4ドアセダンと4速MT車の「スポーツ」シリーズが追加され、クラス初となる3速ATもラインナップ。

 さらに1968年には2ドアクーペも追加されるなど、多様化しはじめたニーズにも対応し、大衆車としての責務を担いました。

●初代チェリー(E10型)【A12型】

 日産は初代サニーと平行して、より小さなボディでありながら広い室内空間を実現できるFF車の開発を進めていました。

 そして1970年にA型エンジンを横置きに搭載したFFレイアウトのコンパクトカー「チェリー」を発売。

 サニーよりも1クラス下の車格で、軽自動車からの乗り換えや初めて自動車を所有する若者をターゲットとしたモデルでした。

 丸みを帯びた個性的なスタイルを持つ2ドア/4ドアセダンで、搭載されたエンジンは1リッターの「A10型」と、スポーティな「X-1」にはボア73mm×ストローク70mmの1.2リッターツインキャブ仕様の「A12型」をラインナップします。

 1971年には個性的なシルエットを持つ2ドアクーペが追加され、翌年には日産ワークスとしてレースにも参戦。レースには不向きといわれていたFFレイアウトながらも、善戦しました。

 そして、1973年にはクーペにオーバーフェンダーを装着した「X-1R」を発売。同じくオーバーフェンダーを装着していた「スカイライン GT-R」のイメージもあり、若者たちに人気となりました。

●初代パルサー(N10型)【A14型】

 1978年にチェリーの後継車としてデビューした「パルサー」は、欧州市場や北米に投入するFFの世界戦略車として開発されました。

 発売時のボディは4ドアセダンからスタートし、後に3ドアハッチバックやガラスハッチを備えた3ドアクーペ、バンを追加。

 横置きに搭載されたエンジンは「チェリーF-II」と同じく1.2リッターの「A12型」と、ボア76mm×ストローク77mmで1.4リッターの「A14型」で、発売から半年後には電子制御燃料噴射仕様(EGI)が追加されるなど、サニーと同様にアップデートが続けられます。

 そして、1981年のマイナーチェンジ時に、後継となる1.3/1.5リッター4気筒OHCの「E13型/E15型」エンジンに換装され、1982年には2代目へとモデルチェンジされました。

「A型」は2008年まで生産されていた!?

●4代目サニー(B310型)【A15型】

 1977年に4代目となったサニーは、直線基調のすっきりとしたデザインの2/4ドアセダン、3ドアクーペとライトバンで、エンジンは3代目と同じ1.4リッターの「A14型」と1.2リッターの「A12型」の2種類がラインナップされました。

 翌年には1.4リッター車にEGI仕様が追加され、対米輸出仕様と同じ衝撃吸収バンパーへ変更と、1979年にはステーションワゴンである「サニーカリフォルニア」も登場しました。

 1980年のマイナーチェンジでは、1.5リッターエンジンを搭載した4代目トヨタ「カローラ」に対抗するため、排気量を1.5リッターに拡大した「A15型」エンジンを追加ラインナップ。

 ボア78mm×ストローク82mmにより排気量は1488ccで、歴代のA型エンジンでは最大の排気量となります。

 なお、1981年にFF化された5代目がデビューし、長く続いたFRの大衆車だったサニーは終了しましたが、ライトバンは5代目サニーのデビュー後も、1983年までFRのまま販売されました。

●2代目サニートラック(B121型)【A12型】

 初代サニーのボディバリエーションとして、1967年にピックアップトラックのダットサン「サニートラック」が発売されました。

 トヨタの「パブリカ ピックアップ」と同様に、キャビンと荷台が一体となったスッキリとしたデザインで、個人商店のユーザーから人気を博します。

 初代サニートラックは1リッターの「A10型」エンジンが搭載されていましたが、1971年にモデルチェンジされた2代目では、サニーセダンと同様に1.2リッターの「A12型」エンジンを搭載。

 1973年に荷台部分が長いロングボディが追加され、その後フルモデルチェンジすることなく、排出ガス規制に適応しながら1994年まで販売が継続されたロングセラーとなりました。

 さらに、南アフリカではサニートラックが現地生産され、「バッキー」という車名で2008年まで作られており、通算でA型は40年以上も作られたことになります。

 最後のA型エンジン搭載車となったサニートラックは、小型ピックアップトラックの愛好者はもちろん、チューニングマニアたちからも「サニトラ」の愛称で親しまれ、現在でも高い人気を誇っています。

※ ※ ※

 A型が名機といわれる理由のひとつに、シンプルな構造のためプライベートで整備やチューニングができることが挙げられます。

 また、いまもチューニングパーツが豊富で、長年のノウハウが蓄積していることから、OHVながら最高回転数が10000rpmに達するほどのハードなチューニングも可能です。

 いまさらOHVが復活することはありませんが、A型のようなシンプルで頑丈なエンジンを長く作るというコンセプトは、再評価されるべきではないでしょうか。